ノミの寄生 ~ 若鶏はリスクが高くノミの寄生は致死的です



ニワトリに見られる最も一般的なノミはニワトリの頭に寄生する(ニワトリフトノミ:Echidnophaga gallinacea)であり、次いでヨーロッパ産のノミ(トリノミ:Ceratophyllus gallinae)です。


どちらのノミも世界中の熱帯、亜熱帯、温帯で見られます。米国では、ニワトリフトノミが最も多い。カリフォルニア州南部(2015年6月~9月)の平飼いで飼育されているノミの調査では、20ヵ所の調査地点のうち20%でニワトリフトノミが見つかりました。


成虫のニワトリフトノミは小型(長さ1.4~4 mm)で、赤褐色~黒色、翅のない吸血昆虫です。彼らは頭を宿主の皮膚に埋め込み、血液を吸い、そこに19日間留まります。


このノミは、厚い毛皮や羽毛 (羽) のない肉厚の部位からの吸血を好みます。ニワトリの顔、目の周り、肉垂、鶏冠などによく見られます。


咬傷は痛みを伴い、刺激性であり、ノミの大きな塊が存在する場合、腫脹、水疱性病変の発生、体重減少、貧血、および死に至ることがあります。若鶏はリスクが高く、ノミの寄生は致死的です。


家禽はニワトリフトノミの主要な宿主ですが、イヌおよびネコにおいてますます一般的になっています。犬や猫では、足の指の腹の間や耳の周りによくみられます。


彼らは良くダニと間違えられます。これらのノミは犬や猫以外にも、馬、豚、ジリス、ウサギ、齧歯類、さらにはヒトでも報告されています。


ノミの完全なライフサイクルは温度によって異なり、約1~2カ月かかります。成虫の雌ノミは夜に産卵し、鳥に付着したままです。卵は、鶏が眠っている下の地面に落ちます。


4日ほどで虫のような小さな幼虫が卵から出てきます。成虫のノミの有機物や糞を食べ、床材や土の下に隠れます。何度か脱皮して土に潜り、繭になって成虫になります。このプロセスには約2週間かかります。

鶏のノミ寄生を治療する方法



ニワトリフトノミは、ピンセットなどで丁寧に取り除き、一匹ずつ引き抜きます。再感染を防ぐためには、鳥をピレスロイド系殺虫剤で処理し、環境を徹底的に浄化する必要があります(なぜなら、ノミの幼虫は、牛舎や放し飼いの環境で見つかるからです)。


全ての床材・敷料(ごみ、わら、削りくずなど。)は完全に除去し、汚染されていない新鮮な材料と取り替えるべきです。また、新しい削り屑には昆虫成長調整剤をスプレーすべきです。

臨床兆候



●鶏冠、顔、または肉垂の小さな黒い点で動かないもの

●皮膚の刺激

●青白い肉垂

●頻繁にひっかく

●落ち着かない

治療



●物理的な除去


個々のノミをピンセットでしっかりつかみ、皮膚から引き抜くことで除去することができる。二次感染のリスクを最小限にするために、ノミが見つかった部位に局所抗生物質軟膏を塗布する。


●ノミが大量に存在する場合


包埋したノミの上からマラチオン5%液またはゲルを注意深く塗布する。鳥の目に入らないように注意すること。


●環境管理


鳥からのノミの除去に加えて、環境は徹底的に清掃され、殺虫剤(ピレトリン、マラチオン)で処理されるべきです。特に巣箱に集中してください。干し草、わら、松の削りくずなどの敷料をすべて完全に取り外し、交換します。

予防



●鶏舎内の他の家畜と同様に、定期的な健康診断を実施する。

●野鳥との接触を最小限にする。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告336×280