ニワトリの卵塞症 ~ 卵詰まり



卵塞症はかなり一般的であり、生命を脅かす可能性のある緊急事態であり、「卵詰まり」と呼ばれます。


卵塞症は、雌鶏が卵を産卵するために数時間以上も緊張しているときに起こります。


卵塞症は、いくつかの寄与因子および根底にある原因によってもたらされることがあり、それらには以下のものがあります。


●低カルシウム血症~血液中のカルシウム濃度が低い鶏。

●カルシウムテタニー

●質の悪い食餌やバランスの悪い食餌

●産卵過多

●早期の産卵開始

●加齢

●外傷

●肥満

●飼料中のマイコトキシン

ニワトリにおける卵塞症の症状



罹患鶏で観察される臨床徴候は、個々の鶏および症状の重症度によって異なります。典型的には、卵詰まりの鶏は緊張していて不快なように見え、行動は鈍くなり、抑うつと混同されます。また腹部や肛門の膨隆がみられることがあります。

卵詰まりの雌鶏を助ける方法



卵塞症は迅速に対処すべきです。なぜなら、生殖管への卵の吸い込みによって引き起こされる閉塞は、致命的になりうるからです。


初期の段階で十分に早い時期に発見・捕獲された場合、鶏が卵を排出するのを助ける補助療法がいくつかあります。しかしながら、もしこれらの処置が卵を通過させるのに役に立たない場合は、直ちに緊急の獣医学的ケアを求めるべきです。

卵塞症の診断法



●腹部触診


正常な硬い殻の卵の場合は、腹部を触診することで卵の存在を確認できます。


●X線写真


この画像診断法で検出可能なのは卵殻由来のカルシウムであるため、卵殻が存在する場合には卵の位置と数を決定するのに役立つ。


●超音波


これは、鶏が殻の軟らかい卵、殻のない卵、または破裂した卵の存在、触診やX線写真で卵の存在が検出されない場合に有用です。

卵塞症の治療



卵塞症の治療は一般に、医学的管理、支持療法、環境改善、食餌の評価と可能な調整、およびときに手術からなります。


感染症が疑われる場合は、広域抗生物質が必要になることがあります。

臨床兆候



●嗜眠

●膨張した肛門

●腹部の腫れ

●突然の発症

●緊張しているように見える

●異常な座位・しゃがみ

●テールポンピング:尾羽を上下にリズミカルに動かすこと

●食欲不振

●巣の中で過ごす時間が長すぎる

治療



初期治療


●温湯での入浴


鶏を浅い水の中のぬるま湯に5~10分間置きます。リラックスさせるために他の鳥から隔離します。


●マッサージ療法


オリーブ油で鶏の腹部を優しくマッサージする。(鶏の中で卵が割れると命に関わることがあるので、強くこすりすぎないように注意してください)。


●ジノプロストン(プロスタグランジンE)またはKYゼリー


0.2mg/kgを鶏の肛門部に適用


●支持療法


他の鶏群とは離れた快適な温度管理されたリラックスできる環境にて管理する。


●手術


獣医が卵を外科的に除去する場合に必要になることがあります。

管理の変更



●照明の露出を減らす


鳥が光 (人工) または光周期 (昼光) にさらされる時間を制限します。鳥が長い日長を経験すると、それが産卵の引き金となります。日中や光にさらされる時間を1日12時間以下に制限することで、生殖活動を最小限に抑えることができます。


鳥は完全な暗闇の中に12時間いる必要があります。そのためには、ケージの上にある窓、タオル、毛布の上に黒いカーテンを置いたり、周囲の照明を消したりする必要があります。


●ホルモン療法


ホルモン療法は、雌鶏の生殖活動を低下させるために用いられる薬物療法の一形態です。周期的なホルモンの注入により、鳥の生殖周期を変化させることを目的としています。


時間の経過とともに、ホルモン療法の効果が治療を受けている鳥に現れにくくなり、同じ効果を得るためにより頻繁な投与とより高い用量の使用が必要になることがあります。


●酢酸リュープロリド


生殖活動(産卵)を停止するための定期的な注射(leupron)

予防



●産卵鶏には、飼料の主要部分として、良質でカビのない新鮮な市販産卵鶏用飼料を与える。

●牡蠣の殻のようなカルシウムのサプリメントを与えます。

●常時照明を使用しないでください。

この記事のURLとタイトルをコピーする
スポンサーリンク
336×280
キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280