馬の耳ダニ(Ear Mites) ~ 馬の耳の炎症の原因となります

耳ダニ(プソロプテス・​クニクリ:Psoroptes cuniculi)は時に馬の耳の炎症の原因となります。 馬の耳ダニ侵入の兆候としては、過...

記事を読む

無角ヘヤフォード(Polled Hereford)

1817年ごろからアメリカには、イギリスから輸入されてヘヤフォードが飼われていました。1900年ごろに、アイオワ州のワレン・ガムモン(WARREN ...

記事を読む

蜂窩織炎(Cellulitis) ~ 皮下組織に広汎な感染を起こす疾患

蜂窩織炎とは、皮膚の下にある表層組織の炎症で、細菌感染が原因となっています。 通常、深部組織の傷や感染に続発します。傷は表面的で小さくても、皮...

記事を読む

クローバー中毒症(Clover Toxicity) ~ クローバーの摂取を原因とする中毒

クローバーの毒性は、タチオランダゲンゲ(立和蘭蓮華) (トリフォリウム・ヒブリドゥム:Trifolium hybridum) またはムラサキツメクサ(紫...

記事を読む

ヘヤフォード(Hereford)

イギリスのイングランドの西方、ヘヤフォードシャー州原産の肉用牛。この牛の起源については、ヘヤフォードシャー州の西隣のウエルスの牛とも関連があるとされ...

記事を読む

耳介内乳頭腫(Aural Plaques) ~ パピローマウイルスの感染によって起こります

耳介内乳頭腫は、馬の耳の内側表面に円形から楕円形の白い隆起した乳頭状の色素脱失した皮膚病変が小範囲で発生することが特徴です。 感染性はあります...

記事を読む

ショートホーン(Shorthorn)

現在、ショートホーンには乳用型と肉用型との2つの品種があり、前者を乳用ショートホーン(Dairy Shorthorn)、後者を、肉用ショートホーン(...

記事を読む

西部ウマ脳炎(Western Equine Encephalitis) ~ ウイルスの感染によって起こるヒトや馬の脳炎を主徴とした疾病

西部ウマ脳炎(WEE)は、西部ウマ脳炎ウイルス(WEEV)によって引き起こされる蚊媒介性人獣共通感染症です。 WEEVは、トガウイルス科のア...

記事を読む

アトピー性皮膚炎(Atopic Dermatitis) ~ 環境性のアレルギー起因抗原に対する異常免疫反応に起因して掻痒症を伴う皮膚炎を起こす疾患

アトピー性皮膚炎(AD)は、馬に見られる慢性的な免疫介在性の炎症性皮膚疾患です。 アトピー性皮膚炎は、遺伝的素因とアレルゲン(ほこり、かび、花...

記事を読む

シムメンタール(Simmenthal)

スイス北西部のベルン県シムメンタール地方の原産。 ブラウン・スイスとともにスイスの2大品種です。原産地の環境はブラウン・スイスの場合と大体...

記事を読む

ウエストナイルウイルス(West Nile Virus) ~ 人と馬では脳炎が重症化しやすい

ウエストナイルウイルス(WNV)は、人畜共通感染症の蚊が媒介するフラビウイルスであり、米国(U.S.)とカナダ、アフリカ、ヨーロッパ、中東、西アジアで流...

記事を読む

ブラウン・スイス(Brown Swiss)

スイス北東部の山岳地帯の原産。そこでは乳、肉、役の3用兼備の牛として発達しました。しかし現在は、原産地でも役のウエイトは非常に低い。 むし...

記事を読む

水疱性口炎(Vesicular Stomatitis) ~ 高熱のほか激しい流涎を特徴

水疱性口炎(VS)は、西半球に生息する馬や牛などの家畜に発生するウイルス性の病気で、南米、中央アメリカ、メキシコ、アメリカ南西部などで発生が報告されてい...

記事を読む

エヤーシャー(Ayrshire)

イギリスのスコットランド西南のエヤーシャー州原産の乳用種。品種としては比較的新しいものと言われていますが、その成立の経過は判然としていません。 ...

記事を読む

スラ(Surra) ~ 罹患馬における体重減少、貧血、回帰熱および最終的な死亡を特徴

スラは、原虫であるトリパノソーマ・エバンシ(Trypanosoma evansi)の感染により発症します。 アジア、アフリカ、南米に生息する馬...

記事を読む

ガーンジー(Guernsey)

これも英仏海峡群島の1つの島であるガーンジー島原産の乳用種。島がジャージー島と姉妹島といわれるように、つねにガーンジーはジャージーとともに紹介されて...

記事を読む

腺疫(Strangles) ~ グラム陽性ベータ溶血性菌であるストレプトコッカス・エクイによって起こる伝染性疾患

ストレプトコッカス・エクイ:腺疫菌(Streptococcus equi subsp equi)感染症として知られる腺疫は、5歳以下の馬の感染性上気道疾...

記事を読む

セントルイス脳炎ウイルス(St Louis Encephalitis Virus) ~ 神経病原性は流行が大規模になるほど強まる傾向にある

セントルイス脳炎ウイルス(SLEV)は、フラビウイルスの一種で、西ナイルウイルス(WNV)と類似しており、どちらも日本脳炎の抗原複合体のメンバーです。 ...

記事を読む

ジャージー(Jersey)

英仏海峡群島のジャージー島(イギリス領)の原産の乳用牛。この島は長さ16km、幅10kmの小島で、北から南にゆるく傾斜し、海流の影響で気温は温和です...

記事を読む

ロスリバーウイルス(Ross River Virus) ~ 蚊媒介性ウイルス感染症

ロスリバーウイルス(RRV)は、昆虫が媒介する非伝染性のRNAアルファウイルス属トガウイルス科に属するウイルスで、オーストラリア、パプアニューギニア、そ...

記事を読む

ホルスタイン(Holstein Friesian)

乳用種の代表的なもので、本邦ではホルスタインまたはホル種といいます。 ヨーロッパでは、黒白斑牛Black and whiteといい、イギリ...

記事を読む

馬の狂犬病(Rabies) ~ ヒトや馬などの哺乳類の中枢神経系に影響を及ぼす致死的なウイルス性疾患

狂犬病は、ヒトや馬などの哺乳類の中枢神経系に影響を及ぼす致死的なウイルス性疾患です。この病気は、脳と脊髄に進行性の炎症を引き起こし(脳炎と呼ばれる)、死...

記事を読む

馬の白癬症(Ringworm) ~ 栄養不良の動物または病気のために免疫力が減弱した動物に起きる問題

白癬は、皮膚糸状菌によって引き起こされる、表在性で伝染性の高い真菌性皮膚感染症です。 皮膚糸状菌は、ケラチンを栄養源として利用する能力を持って...

記事を読む

乳頭腫症(Papillomatosis) ~ 乳頭腫ウイルスの感染によって上皮性良性腫瘍を生じる疾患

乳頭腫症は馬の皮膚疾患で、いくつかの馬パピローマウイルスによって引き起こされます。パピローマウイルス1型(EcPV-1)は、馬の上唇や鼻先にできる皮膚乳...

記事を読む

パラコクシジオイデス症(Paracoccidioidomycosis) ~ 真菌によって引き起こされる感染症

パラコクシジオイデス症(PCM)は、二形性真菌の一種であるパラコクシジオイデス・ブラジリエンシス(Paracoccidioides brasiliens...

記事を読む

マレーバレー脳炎(Murray Valley Encephalitis) ~ 急性脳炎のひとつで、オーストラリア、パプアニューギニアに発生が見られます

マレーバレー脳炎 (MVE) は、アルボウイルス属フラビウイルス科であるマレーバレー脳炎ウイルス (MVEV) によって引き起こされる昆虫媒介性のウイル...

記事を読む

ライム病(Lyme Disease) ~ ダニによって媒介される人獣共通の細菌(スピロヘータ)による感染症

ライム病は、ボレリア・ブルグドルフェリ(Borrelia burgdorferi)というスピロヘータの一種を原因とする、マダニが媒介する多系統の疾患です...

記事を読む

ウシ(牛)(Cattle)

ふつう牛といわれるのは真正家牛亜属の家畜牛のことで、これにホルスタイン、ジャージーなどの品種(Breed)がたくさんあります。おなじ真正家牛亜属のう...

記事を読む

リーシュマニア症(Leishmaniasis) ~ 昆虫などが媒介する皮膚疾患

リーシュマニア症は、リーシュマニア原虫によって引き起こされる熱帯・亜熱帯の病気で、感染したサシチョウバエに刺されることで広がります。 ブラジル...

記事を読む

クンジンウイルス病(Kunjin Virus Disease) ~ オーストラリア本土およびパプアニューギニアの馬が罹患するウイルス感染症

クンジンウイルス病は、オーストラリア本土およびパプアニューギニアの馬が罹患するウイルス感染症です。 この病気は、フラビウイルス(クンジンウイル...

記事を読む