蝿蛆症(ハエウジ症) ~ ハエが卵をニワトリに産みつけウジ虫になって生きたまま食べ始めることが原因



蝿蛆症(ようそしょう)はハエウジ症としても知られ、痛みを伴い、死に至る可能性のある状態です。ハエが卵をニワトリに産みつけ、ウジ虫になって生きたまま食べ始めることが原因です。ハエは開放創や糞便で覆われた羽毛に最もよく誘引されますが、一部の種(その中には、最も一般的なハエ、ウマバエ、ラセンウジバエが含まれる)は無傷の皮膚にも寄生することがあります。


蝿蛆症は非常に急速に発生する可能性があり、緊急事態として対処する必要があります。これはハエの繁殖が非常に速いためです。卵が孵化するのに8~12時間しかかかりません。すぐに獣医に診てもらわないと、ニワトリはショック状態になって死んでしまいます。

臨床兆候



●創傷内の虫卵または虫の存在

●組織の壊死

●出血

治療



●支持療法


鳥を群れから隔離し、新鮮な水や食餌を与えて安全で快適で暖かいストレスのない場所で管理します。


●創傷ケア


傷口をきれいに洗い流します(すべての卵とウジ虫を確実に取り除くこと)。スルファジアジン銀クリームなどを塗布する。


●抗生物質


二次感染の適応となる場合があります。

予防



●毎日鶏群の身体検査の実施

●鶏の総排泄腔を清潔に保ち、糞を付着さないようにしましょう。

●開放創は速やかに治療する。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告336×280