バイトリル(エンロフロキサシン)

バイトリル
バイトリル


バイトリルは家禽の下記疾病に有用性がある



●マイコプラズマ感染症

●大腸菌性敗血症

●伝染性コリーザ(ヘモフィルス・パラガリナルム)

●パスツレラ感染症

●サルモネラ感染症

●ブドウ球菌感染症

●豚丹毒菌感染症(七面鳥)

●細菌混合感染症(マイコプラズマ 大腸菌)およびウイルス性疾患の二次感染症


バイトリルは非経口的にも経口的にも投与できる。家禽に対して抗菌剤を投与する場合、飲水投与が一般的。


バイトリル10%液は1日1回、3~5日飲水1L当たり0.5ml自由飮水

鶏および七面鳥に対しては、1日量8~10mg/kg相当量の飲水投与が推奨される。

濃度50ppm(有効成分50mg/飲水1L)で、一般に8~10mg/kgを下回ることはない。

週齢、飼育方法、気温、その他の因子の影響により飲水量が増加することもあるが、その程度の増加では毒性学的に問題はない。

推奨用量である50ppm(バイトリル10%液500ml/水1000L)は治療にも予防にも適応される。

バイトリルを飲水添加して鶏または七面鳥に投与する場合の投与期間は3日間であるが、サルモネラ症では5日間の投与でより高い除菌効果が得られる。

予防的に投与する場合には、その群での感染状況などに応じて投与期間やタイミングを設定すべきである。

ブロイラーでは生後3日間投薬し、3週齢時に再び1または3日間投薬する方法がしばしば用いられる。

エンロフロキサシンの効果・効能

グラム陽性菌やグラム陰性菌などの幅広い細菌に対し、強い殺菌力を示す。高い生体内利用薬、広い抗菌スペクトル、組織移行性に優れ、高い治療効果を発揮します。

情報源:15~16ページ


バイトリルには、注射液、錠剤、飲み水添加液が入手できます。アヒルやニワトリ等の鳥類には飲み水投与が安全です。薬を飲ませるために、投与する前に1日~1日半絶食させると水を良く飲みます。

●飲水に混ぜるタイプ
バイトリル10%経口投与液100ml

●錠剤タイプ:1箱100錠入
バイロシン(Bayrocin)50mg[海外版バイトリル]

バイロシン(海外版バイトリル)が届きました
今回はネット環境がない鶏飼いの知人の代行で注文 シンガポール(国際交換局)を2018/05/23に発送、201…

エンロフロキサシン(バイトリル)詳細



エンロフロキサシン(バイトリル)は、広範囲の細菌感染症の治療に有用なフルロキノロン系広域抗生物質です。 バイトリルは、動物に使用されるシプロフロキサシンのラベルです。これは、人間に使用される同等の薬剤です。


米国では、エンロフロキサシンは処方箋のみで入手できます。つまり、ペットとして飼われている家禽に処方する獣医を通して入手する必要があります。この薬はフルオロキノロン系抗生物質であるため、ペットとして飼われていない家禽での使用は承認されていません。


フルロキノロン系抗生物質は、マイコプラズマ、一部のグラム陽性菌、およびほとんどのグラム陰性菌(大腸菌、サルモネラを含む)に対して最適な薬剤です。


経口シロップは直接口に与えるか、または飲料水に溶解することができます。苦い味のために、薬物をアップルジュースやフルーツジュースなどの別の媒体と混合する必要があるかもしれません。飲用水で投与した場合、薬の効果は低くなります。

注意事項



筋肉内に投与すると筋肉壊死や注射部位の疼痛を引き起こすことがあるため、くり返し筋肉内注射は推奨されない。本剤を服用している鳥類については、二次感染の徴候の有無を同時に観察すること。

保管



製造元の指示がない限り、エンロフロキサシン錠剤は、30C未満の温度の密閉容器に保管する必要があります。強い紫外線から保護します。

製剤形態



注射剤、錠剤、経口シロップ剤

用法・用量



10~15mg/kg経口、SC、筋注、12~24時間ごと


ニワトリでは、飲料水50mg/L


アヒルでは、噴霧による50mg/kgを4時間(1日目、午前)、


その後25mg/kgを4時間/日×4日間。

副作用



筋肉内に投与すると筋肉壊死や注射部位の疼痛を引き起こすことがあるため、繰り返しの筋肉内注射は推奨されない。


●行動の変化

●二次感染

薬物相互作用



●アセチルサリチル酸(アスプリン):


アセチルサリチル酸は、エンロフロキサシンの神経興奮活性を高める可能性があります。


●ベタメタゾン:


ベタメタゾンとエンロフロキサシンを併用すると、副作用のリスクまたは重症度が増加する可能性があります。


●カルシウム製品:


酢酸カルシウムは、エンロフロキサシンの吸収を低下させ、血清濃度を低下させ、効能を低下させる可能性があります。


●カルプロフェン:


カルプロフェンは、エンロフロキサシンの神経興奮作用を高める可能性があります。


●クロロキン:


エンロフロキサシンは、クロロキンのQTc延長活性を高める可能性があります。


●クロルプロマジン:


クロルプロマジンはエンロフロキサシンのQTc延長活性を高める可能性があります。


●コルチコステロン:


コルチコステロンをエンロフロキサシンと併用すると、副作用のリスクまたは重症度が増加する可能性があります。


●クルクミン:


クルクミンは、エンロフロキサシンの神経興奮活性を高める可能性があります。


●デキサメタゾン:


デキサメタゾンをエンロフロキサシンと併用すると、副作用のリスクまたは重症度が増加する可能性があります。


●ジクロフェナク:


ジクロフェナクは、エンロフロキサシンの神経興奮性活性を高める可能性があります。


●ジギトキシン:


ジギトキシンはエンロフロキサシンの心毒性活性を低下させる可能性があります。


●ジゴキシン:


ジゴキシンはエンロフロキサシンの心毒性活性を低下させる可能性があります。


●エナラプリル:


エナラプリルとエンロフロキサシンを併用すると、心室性不整脈のリスクまたは重症度が高くなります。


●エリスロマイシン:


エリスロマイシンは、エンロフロキサシンのQTc延長活性を高める可能性があります。


●エトドラク:


エトドラクは、エンロフロキサシンの神経興奮活性を高める可能性があります。


●月見草オイル:


月見草オイルは、エンロフロキサシンの神経興奮活性を高める可能性があります。


●フルコナゾール:


フルコナゾールは、エンロフロキサシンのQTc延長活性を高める可能性があります。


●フルニキシン:


フルニキシンは、エンロフロキサシンの神経興奮活性を高める可能性があります。


●ヒドロコルチゾン:


ヒドロコルチゾンをエンロフロキサシンと併用すると、副作用のリスクまたは重症度が増加する可能性があります。


●鉄:


血清中のエンロフロキサシン濃度は鉄と併用すると低下する。


●イソフルラン:


イソフルランは、エンロフロキサシンのQTc延長活性を高める可能性があります。


●イトラコナゾール:


イトラコナゾールは、エンロフロキサシンのQTc延長活性を高める可能性があります。


●ケトコナゾール:


ケトコナゾールは、エンロフロキサシンのQTc延長活性を高める可能性があります。


●ケトプロフェン:


ケトプロフェンは、エンロフロキサシンの神経興奮活性を高める可能性があります。


●リュープロリド:


リュープロリドはエンロフロキサシンのQTc延長活性を増加させる可能性がある。


●硫酸マグネシウム:


硫酸マグネシウムと組み合わせると、エンロフロキサシンの血清中濃度を下げることができます。


●メロキシカム:


メロキシカムは、エンロフロキサシンの神経興奮活性を高める可能性があります。


●メチルプレドニゾロン:


メチルプレドニゾロンとエンロフロキサシンを併用すると、副作用のリスクや重症度が高くなります。


●ナプロキセン:


ナプロキセンは、エンロフロキサシンの神経興奮活性を高める可能性があります。


●オキシトシン:


オキシトシンは、エンロフロキサシンのQTc延長活性を高める可能性があります。


●ペルゴリド:


ペルゴリドをエンロフロキサシンと併用すると、副作用のリスクまたは重症度が増加する可能性があります。


●フェニルブタゾン:


フェニルブタゾンは、エンロフロキサシンの神経興奮活性を高める可能性があります。


●プレドニゾロン:


プレドニゾロンをエンロフロキサシンと併用すると、副作用のリスクまたは重症度が増加する可能性があります。


●レスベラトロール:


レスベラトロールは、エンロフロキサシンの神経興奮活性を高める可能性があります。


●炭酸水素ナトリウム:


炭酸水素ナトリウムはエンロフロキサシンの吸収を低下させ、血清中濃度を低下させ、効果を低下させる可能性がある。


●スルファジアジン:


エンロフロキサシンはスルファジアジンの血糖降下作用を高める可能性があります


●スルファメトキサゾール:


スルファメトキサゾールは、エンロフロキサシンのQTc延長活性を高める可能性があります。


●タモキシフェン:


タモキシフェンは、エンロフロキサシンのQTc延長活性を高める可能性があります。


●トリメトプリム:


トリメトプリムは、エンロフロキサシンのQTc延長活性を高める可能性があります。


●ボリコナゾール:


ボリコナゾールは、エンロフロキサシンのQTc延長活性を高める可能性があります。


●キサンチノール:


キサンチノールは、エンロフロキサシンと組み合わせると、血清濃度を高めることができます。

常備している抗生物質(抗菌剤)

オフロキサシン(商品名:タリビット)5mg/kg BID PO
タリビット200mg
アモキシシリン(商品名:クラブロックス)100mg/kg BID PO
成分:アモキシシリン、クラブラン酸
クラブロックス 15ml
エンロフロキサシン(商品名:バイトリル50mg)15mg/kg BID PO
1錠中:エンロフロキサシン50mg

薬品名・内容量の見方



・200mg/錠
錠剤の場合の表記。1錠あたり薬用成分が200mg入っているという意味。


・投与量の見方


3mg/kg, BID (p.o.)または3mg/kg/BID(p.o.)


体重1kgあたり3mgの薬剤を一回量とし、1日2回経口投与という意味。


投与量は常に薬剤成分をもとに計算する。


・BIDと表記されている部分は投与頻度について記述されている。

SID:1日1回
BID:1日2回
TID:1日3回
QID:1日4回
EOD:2日に1回
q6hr:6時間毎投与
q12hr:12時間毎投与
q24hr:24時間毎投与
day:1日量という意味(投与頻度は不明)



・(p.o.)と表記されている部分は投与方法について書かれている。

p.o.:経口投与
s.c.:皮下注射
i.m.:筋肉注射
i.v.:静脈注射
drop:点滴静注
広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告336×280