馬自律神経異常症(Equine Grass Sickness) ~ 馬の自律神経失調症



馬自律神経異常症、一般にグラスシックネス:Equine grass sickness(EGS)は、馬の自律神経失調症としても知られており、主に北欧や南米の国々で放牧されている馬が罹患する、致死率の高い神経変性疾患です。


EGSの原因はまだ特定されていませんが、C型ボツリヌス菌(ボツリヌス中毒の原因菌)が産生する神経毒が原因であると考えられています。


EGSは、急性期、亜急性期、慢性期の3つの形態で発症します。急性型および亜急性型のEGSは最も高い死亡率を示します。慢性型を発症した馬は、生存の可能性が高い。


最も致死的な病型で、急速な発症と徴候の進行を伴う。馬は通常48時間以内に死にます。

急性型



※臨床兆候

●沈うつ

●食欲不振

●筋線維束性攣縮(きんせんいそくせいれんしゅく)

●発汗

●嚥下困難

●足掻き

●唾液の過剰な滴下

●心拍数の上昇

●仙痛徴候

亜急性型



※重症度の低い症状の進行の遅延

※重度の体重減少

※潜行性の発症

※臨床兆候

●重度の体重減少

●むらのある発汗

●筋肉のふるえ

●心拍数の上昇

●軽度の仙痛徴候

●筋力低下


※現在、EGSの確定診断は、死後の自律神経節の病理組織検査、または開腹手術で採取した腸神経系の生検を行うことによってのみ行うことができます。

症状



●上まぶたの垂れ下がり

●全身の筋力低下

●壁にもたれかかる

●筋萎縮

●腹部容積の減少

●沈鬱

●体重減少

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●実験室分析

治療



※軽症の馬は、看護ケアと多種多様な飼料で生き延びることができます。

※重度のケースでは、獣医師は人道的な理由から安楽死を推奨することが多い。

予後



●EGSの症例死亡率は約85%です。

スポンサーリンク
336×280