失明 ~ 病気や片眼または両眼のけがのために失明することもあります



ときにアヒルは、病気や片眼または両眼のけがのために失明することもあります。人と同じように、盲目は物事をより難しくすることがありますが、幸せで健康な生活を送ることができる多くの盲目のアヒルがいます。


障がいを持って生まれたアヒルは、すぐに捨てられるべきではありません。なぜなら、多くの人々が盲目のアヒルを飼っていて、世話を続けており、非常にやりがいのある、価値ある経験だと思っているからです。

臨床兆候



●目の色の変化

●瞳孔の形状が不適切または不均一

●外からの刺激に対する反応がほとんどみられない

●目の前で食べ物や水を認識できない

●新たに孵化したアヒルの子の場合、一貫した鳴き声

治療・サポート



●管理上の変更


盲目のアヒルは簡単に餌食になるので、捕食者に襲われる危険が高い場所では放し飼いにしてはいけません。


鳥類は、捕食動物がアヒルに近づくことのできない限られた場所に閉じ込めておく。


群れの社会階層を毎日監視して、盲目のアヒルが他の鳥にいじめられないようにします。盲目のアヒルを守ってくれる仲間もいるが、そうでない場合もある。


盲目のアヒルの体重増加率や体重が減少しているかどうかに注意してください。他の鳥が全部食べる前に、餌にたどり着くのが困難な場合に起こります。


●支持療法

予防



●多くの場合、慢性副鼻腔炎はその後の失明につながる可能性があるため、呼吸器疾患の初期徴候を示すアヒルは迅速かつ適切に治療するようにしてください。


●雄鶏とアヒルを混ぜるときは注意してください。攻撃的な雄鶏が、一緒に暮らしているアヒルの目をつつくことがよくあります。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280