開張肢(スプレーレッグ) ~ 孵化したばかりのひよこに共通する先天性および発達異常



開張肢(スプレーレッグ)は、孵化したばかりのひよこに共通する先天性および発達異常です。 自然または人工的に孵化したひよこで発生する可能性があります。


片脚または両脚が侵されることがありますが、典型的には両脚とも侵され、そのため両脚はニワトリの体の側面に向かって外側に伸びます。症状は軽度から重度まで様々で、明らかになるまで数週間かかることもあります。

開張肢(スプレーレッグ)の原因



ひよこがスプレイレッグを発症する理由はいくつかあります。


●孵卵中の変動


高湿度や温度変動は、孵化したひよこに異常を引き起こす可能性があります。


●孵化関連


孵化時の孵卵器の温度が高すぎたり低すぎたりした。


●雌鶏の栄養不足


「産卵鶏:レイヤー」を対象とした飼料を給与したニワトリでは、雛が正常に発育するために必要な栄養が十分に得られません。「産卵」を対象とした飼料を与えられたニワトリが産卵した卵の胚及び孵化した雛において奇形及びビタミンB欠乏のリスクが増加します。


●不適切な床面


滑りやすい表面でひよこを育てないでください。 成長しているひよこは、動き回るのに十分な滑らない床面を必要としますので、例えば、新聞紙は滑るので、キッチンペーパーを敷きます。それ以外の場合、脚の筋肉を適切に発達させず、脚の広がりを引き起こします。


開張肢がひどくて、歩くことができない場合には、雛は飢餓に陥るか、または仲間に踏みつけられて死ぬ危険性が高いです。これらのひなは、支持療法を必要とし、少なくとも水と食餌および再び自力で歩くことができるようになるまで、一時的に他のひなから隔離する必要があります。


開張肢が早期に発見された場合、ひよこの脚と脚の間に開脚しないように包帯でギプスをすることで問題を解決できることがよくあります。成長に合わせて調整できるように、包帯は毎日取り外して交換する必要があります。

開張肢の治療



ヒヨコの開張肢の治療の主な目的は、成長初期に適切な脚の安定性を与えることです。さまざまな材料や拘束方法を使用して、鳥の成長に合わせて定期的に調整することができます。

臨床兆候



●片方または両方の脚が外側に広がる

治療



●小型容器の配置


ひよこを小さくて深いカップまたは容器に移します。ティッシュペーパーまたは小さなハンドタオルをカップの中に入れます。その目的は、脚から圧力を取り除き、脚を体の下に配置して、外側に広げられないようにすることです。


●ハンモック


ヒナは足をそろえてハンモック型のスリングに吊るします。


●副木


発泡スチロールの適切なブロックから副木を作ります。ひよこの足を配置するために2つの穴を作成します。


開張肢(スプレーレッグ) ~ 孵化したばかりのひよこに共通する先天性および発達異常
開張肢(スプレーレッグ) ~ 孵化したばかりのひよこに共通する先天性および発達異常



開張肢(スプレーレッグ) ~ 孵化したばかりのひよこに共通する先天性および発達異常
開張肢(スプレーレッグ) ~ 孵化したばかりのひよこに共通する先天性および発達異常



開張肢(スプレーレッグ) ~ 孵化したばかりのひよこに共通する先天性および発達異常
開張肢(スプレーレッグ) ~ 孵化したばかりのひよこに共通する先天性および発達異常



開張肢(スプレーレッグ) ~ 孵化したばかりのひよこに共通する先天性および発達異常
開張肢(スプレーレッグ) ~ 孵化したばかりのひよこに共通する先天性および発達異常


予防



床材を滑りにくい素材に変更します。

孵卵時に停電させないようにする。

直射日光が孵卵器に当たらない、一定の温度に保たれた部屋に孵卵器を置きます。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告336×280