光線過敏症 ~ パセリはアヒルに与えないでください



光線過敏症は紫外線 (UV) 照射により誘発される炎症性皮膚状態です。特定の感光性を引き起こす植物または薬物の摂取または直接接触によって引き起こされます。


アヒルは、水かきのある足、脚、眼、くちばしなど、羽毛のない体の部分が特に敏感です。


感光性化学物質を含むことが知られているいくつかの異なる植物があります。過去にアヒルで光線過敏症を起こす植物として以下のものが報告されています。


●パセリ(Petroselinum sativum)

●ドクゼリモドキ(Ammi majus)

●アンミヴィスナガ(Ammi visnaga)

●Cymopterus longipes


パセリ系の多年生ハーブです。2つの光毒性フロクマリン、オキシポイセダニンとイソインペリトリンを含み、日光への曝露によりアヒルに重度の急性光線過敏症を引き起こします。


●Cymopterus watsonii


パセリー科に属する光毒性の草原植物です。葉と種子には、アヒルの光線過敏症を引き起こすフロクマリナが含まれています。茎と根は光活性化合物は含みません。罹患した鳥は、後に下肢および足、くちばし、鶏冠および肉垂の変形ならびに視力低下を来すことがあります。


●Hypericum spp. berries:セイヨウオトギリソウ属。ベリー


●Giant hogweed (Heracleum mantegazzianum):ジャイアント・ホグウィード、セリ科の多年生植物。和名はバイカルハナウド


これは15~20フィート(4.5m~6m)の高さに達することができる大きな多年生雑草です。ジャイアント・ホグウィードは、接触しその後の日光暴露により光線過敏症を引き起こします。


植物は、いくつかの感光性フラノクマリンを含む透明な水様の樹液を出します。そのいくつかは発癌性および催奇形性があることが知られています。葉と根の毒素濃度は生育期の初期に最も高くなります。


重症の場合、罹患したアヒルは、くちばしと足に重度の変形を引き起こし、時には眼に影響を与えると失明することがあります。

症状



●くちばし、足のweb、眼の慢性病変

●まぶたがくっつく

●目の充血

●失明

治療・サポート



●日光暴露の低減または排除


感光性植物を摂取または接触してから少なくとも3日間。

予防



※アヒルに光線過敏症を引き起こすことが知られている植物へ近づけない。

※パセリはアヒルに与えないでください。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280