アヒル出血性卵巣炎 (DHO) ~ 蚊が媒介する疾患でテンブスウイルス (DTMUV) によって引き起こされます



アヒル出血性卵巣炎 (DHO) は、蚊が媒介する疾患であり、中国の畜産業に大きな影響を与えます。この病気はテンブスウイルス (DTMUV) によって引き起こされ、いくつかの異なったアヒルの種に影響を与えます。


ペキンダック、チェリーバレーペキンダック、紹興ダック、ジニュンダック、ロンヤンダック、ジンディンダック、およびカーキーキャンベルダック。このウイルスは、1957年にマレーシアのクアラルンプールで初めて報告されました。


DTMUVは、アヒルの生殖器系、特に卵巣に損傷を与えます。 また、肝臓の門脈に間質性炎症を引き起こし、肝障害を引き起こします。

臨床兆候



●飼料摂取量の減少

●協調運動障害

●下痢

●産卵低下

●抑うつ

●斜頚

●成長の鈍化

治療・サポート



●支持療法

予防



※バイオセキュリティー

※新たなアヒルを導入する前に隔離検疫する。

※蚊への暴露を減らす。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280