食滞・素嚢の停滞・カンジダ症(サワークロップ) ~ 素嚢が空にならないときに発生する状態 

4.5



素嚢の停滞は鶏の素嚢が通常、空にならないときに発生する状態です。それは病気そのものではなく、病気の臨床的兆候です。


素嚢は、鶏の食道の丸い形をしたポケットです。首の付け根にあり、素嚢は食餌の一時保管袋のように機能します。


通常、ニワトリが食物を摂取するとき、一時的に素嚢の中に残り、その後、前胃(消化が最初に始まる腺胃と呼ばれる)を通り、そこから消化管の他の部分へ移動します。消化器系における食物の運動は消化管運動とよばれ、高度に協調した収縮波によって制御されています。


胃の運動が阻害されたり、腸管が閉塞したりすると、最終的に食物は素嚢の中に戻ります。その食物が素嚢の中に残っていると、分解発酵し始め酸っぱい香りの息をするのでわかります。


鶏が素嚢を停滞させるのにはいくつかの理由があります。


鶏に適さない食品やカビの生えた食餌を与えることが素嚢停滞の潜在的原因と考えられています。素嚢停滞に特異的な治療法がないため、治療も困難です。硫酸銅の使用は成功していますが、これは獣医の監督下で行われなければなりません。


●素嚢湛水


丈夫で繊維状の植物(草の切り抜きなど)、長いひもまたは梱包用のひも、または特定の鉢植えの植物を食べることによって引き起こされる可能性があります。


●消化管運動の低下または障害


非常に高い環境温度の間に発生する可能性があります。飼料なしで長い時間経過した後、再び飼料を与えたときにあまりにも早く食べ過ぎる等、その他マレック病、重金属中毒。


●下部消化管の閉塞


回虫や条虫などの多数の腸内寄生虫、または腫瘍が原因である可能性があります。

臨床兆候



●素嚢の排出遅延

●素嚢からのガス音

●体重減少

●異常な直立姿勢

●逆流または嘔吐

●無気力または嗜眠

●食欲減退

●素嚢の肥大

●排泄物中の未消化の食物

●糞の悪臭

治療



●支持療法


脱水状態の鳥には静脈内または皮下に水分を補給する。


●素嚢の洗浄


必要かもしれません。獣医によって行われます。誤嚥のリスクがあります。


●抗菌薬治療


抗生物質または抗真菌薬が適応となることがあります。


●抗炎症薬


適応される場合があります。


●腸運動調節剤


メトクロプラミド(レーガン)またはシサプリド(プロプルシド)など、筋肉内または皮下注射として投与。下部消化管に閉塞がない場合に限る。


●腸管保護剤


スクラルファート




推奨されていない方法の1つは、鳥を逆さにして液体を逆流させる方法ですが、この治療法では窒息する危険性があるのでお勧めできない。鳥専門の動物病院では、局所麻酔薬の使用と滅菌生理食塩水での排水と洗浄を推奨しています。


この病態の正確な原因はまだ完全には解明されていませんが、症例によっては抗生物質が処方されることがあります。問題なのは、抗生物質が善玉の素嚢の細菌を殺して初期には改善をもたらしますが、その後再び症状が現れる可能性があることです。


生菌飼料または生菌サプリを使用することで、正常な素嚢のバクテリアを復活させることができます。これは素嚢の内側を覆い、菌類の生育にとってより不利な環境となります。


抗生物質の治療終了から48時間後には、生菌飼料または生菌サプリを使用することができます。さらに、手術後に使用する抗真菌薬を獣医が処方することもあります。


原因を特定するのが困難な場合、この病気はよく再発します。

予防



●給餌スケジュールや飼料の種類には一貫性を持たせ、徐々に変更を加える。


●腸内寄生虫のレベルを維持するには、鶏の腸内で高レベルにならないように、駆虫または糞便を採取・検査します。

カンジダ症(サワークロップ)追記



カンジダ症は、「サワークロップ」と呼ばれ、カンジダの蓄積によって引き起こされる鶏の素嚢の感染症です。


このグループに属する最も一般的な病原体は、Candida albicans(カンジダ・アルビカンス)、C.tropicalis(カンジダ・トロピカリス)、C.glabrate(カンジダ・グラブラータ)、およびC.krusei(カンジダ・クルセイ)です。


カンジダ種は健康な鶏の微生物叢の正常な一部です。長期間または不適切な抗生物質の使用、コルチコステロイド、栄養不良、ストレス、基礎疾患、消毒剤の過剰使用などの要因は、鶏をカンジダ症に罹り易くする可能性があります。

カンジダ症の臨床徴候



カンジダ症のニワトリで観察される最も一般的な臨床症状には、以下のようなものがあります。

※行動の変化

※素嚢が空になるのが遅れ、しばらくすると鶏の口から悪臭が発生する可能性があります。

※逆流

※食欲減退

※抑うつ/嗜眠

※口腔内や舌の下に白い斑点またはプラーク(口腔病変)がある。

※異常な糞、茶色くて水っぽく見える。

※ひなが罹患している場合、発育不全を示すことがある。



●カンジダ症のニワトリは他の疾患と同時に感染することがあり、観察される臨床徴候を複雑にしたり混乱させたりする。

カンジダ症 対 鳥トリコモナス症



●影響を受ける身体の部位

※カンジダ症

口腔、食道、および素嚢

※鳥トリコモナス症

口腔、食道、および素嚢


●病原体の種類


※カンジダ症

酵母

※鳥トリコモナス症

原生動物寄生虫


●病原体種


※カンジダ症

Candida albicans(カンジダ・アルビカンス)

※鳥トリコモナス症

Trichomonas gallinae(トリコモナス・ガリナエ)


●口腔病変の外観


※カンジダ症

隆起した白っぽい死んだ上皮残屑の斑点。上の白い疑似膜は拭き取ることができる。

※鳥トリコモナス症

乾酪性壊死物質の粘着性の黄白色「潰瘍のような」の腫瘤、塊


●次の後に発生する可能性が高い


※カンジダ症

長期の抗菌薬療法、併発疾患、体内または体外の寄生虫の侵入、またはストレスの多い出来事。

※鳥トリコモナス症

鳩と鶏が同じ水や餌を共有していること。

●治療



※カンジダ症

主な原因である抗真菌薬の治療、免疫力の強化、素嚢を洗い流します。

※鳥トリコモナス症

メトロニダゾール

メトロニダゾール(Metronidazole)200mg

カンジダ症の治療



非常に軽症または早期のカンジダ症では、食餌の変更と、飲料水にリンゴ酢を加えるなどの自然療法を行うことだけです。


しかし、病状が重度の感染症(鳥が食べたり飲んだりするのを止めて、明らかな無気力または嗜眠状態を示しているとき)に進行した場合は、獣医の診察を受ける必要があります。


重度のケースで、鶏が素嚢を空にすることができない場合、空にして洗い流す必要があるかもしれません(この手順は、間違って行うと、鳥にとって致命的な可能性があるので、獣医師によってのみ行われるべきです)。


素嚢内の微生物の自然なバランスを回復させるために、静注輸液の形での補助的なケアも必要になるかもしれません。獣医師は通常、抗真菌薬の3種類のうちの1つを処方します(ナイスタチン、ケトコナゾール、またはイトラコナゾール)。


また、免疫システムを強化するために、さまざまなハーブや栄養補助食品があります。

臨床徴候



※素嚢の排出遅延

※口腔病変

※嘴のこすりすぎ

※口から酸っぱい臭いがする

※抑うつ

※食欲不振

※嗜眠

※体重減少

※倦怠感

※荒くなった羽

※黄緑色の下痢

治療



●ナイスタチン

軽度の感染症に有効なことがある。30万IU/kgを1日二回経口投与する。

●リンゴ酢

軽度の感染症に効果があるかもしれません。4Lの水に大さじ1杯のリンゴ酢を加え、3~4日間は飲料水として使用してください。

●ケトコナゾール

重度の感染症に適応される場合があります。10~30mg / kgを1日2回、7~30日間経口投与。

●フルコナゾール

重度の感染症に適応される場合があります。20mg / kgで経口投与、48時間ごとに14~17日間。

●フルシトシン

重度の感染症に適応される場合があります。1日2回250mg / kgで14~17日間経口投与。

●イトラコナゾール

重度の感染症に適応される場合があります。1日2回10mg / kgで21日間経口投与。

イトラコナゾールジェネリック(Itraxyl)100mg

予防



※鶏への抗生物質の長期又は過剰投与は避けること。

※衛生状態を維持する

※病気や怪我をしたニワトリは、完全に回復して免疫システムが回復するまでは外に出さないでください。

※バランスのとれた食事を与える

※傷んだものは食べさせない。

※毎日新鮮な水を与える。

※消毒剤の使いすぎに注意

※リンゴ酢を水1Lに対して5mLの割合で隔月に飲料水に投与する。

鳥トリコモナス症(鶏は上部消化管系に影響を及ぼす)
    鳥トリコモナス症は、鞭毛虫の原虫であるトリコモナス・ガリナエによるトリの感染症です…
スポンサーリンク
336×280