鉛中毒(Lead Poisoning) ~ 牛の体内に鉛が蓄積して起こる深刻な病気



鉛中毒は、牛の体内に鉛(非常に有毒な金属)が蓄積して起こる深刻な病気です。


ウシでは末梢神経障害を引き起こし、反回喉頭神経の麻痺に起因する筋力低下および咆哮を引き起こします。ウシでは急性および慢性中毒として発症し、後者が最も一般的です。


また、鉛中毒の臨床徴候は、中毒の形態によって異なります。


鉛の毒性が知られる以前(米国では1977年以前)は、ほとんどの塗料、散弾銃の弾、自動車のバッテリー、パイプ、屋根材など、さまざまな製品に鉛が使われていました。


牛の慢性鉛中毒のほとんどは、環境汚染や、古い建物の建設に使用された鉛塗料への暴露が原因となっています。


環境汚染は、バッテリー工場、鉱山、製錬所、その他の鉛を使用する産業の近くなど、鉛に汚染された環境に牛が住んでいる場合に起こります。


外で廃品をため込んでいる人の敷地や、車の解体場の近くでも発生する可能性があります。鉛は土壌に残留し、牧草などの生育中の植物をさらに汚染します。


汚染された植物を食べた牛は、鉛中毒の臨床症状を引き起こすのに十分な量の鉛を蓄積する可能性があります。


塗装関連の中毒は、通常、牛が塗装された構造物の木材をかじったり、サンドブラストやパワーウォッシュなどの塗装除去ツールを使用して構造物の塗装を最近除去したことによる環境汚染によって起こります。

症状



●旋回運動

●虚嚼

●興奮

●狂騒状態

●体温上昇

●異常行動

●神経症状

●虚脱状態

●呻吟

●振戦

●痙攣

治療



※支持療法

予防



※重金属による環境汚染の可能性がある牧草地では牛を飼育しないこと。

※鉛で塗装された構造物への牛の立ち入りを禁止する。

※水質・土壌の鉛検査の実施

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280