デルマトフィルス症(Rain Scald) ~ 細菌によって引き起こされる牛の一般的な皮膚疾患



デルマトフィルス症は、デルマトフィルス・コンゴレンシス(Dermatophilus congolensis)という細菌によって引き起こされる牛の一般的な皮膚疾患です。


最もよく見られるのは、湿潤で温暖な気候の地域や、季節的に大量の水分が発生する乾燥した地域に住む牛です。


D.congolensisは、複数の動物種に感染することができ、その多くは保有宿主として機能します。保因動物の慢性的な皮膚病変の中に生息することで環境を維持しており、水分に過度に曝露することで再活性化します。


牛に感染させるためには、次のような皮膚の損傷や刺激が必要です。


※外部寄生虫(シラミ、ダニ)

※吸血昆虫(ハエ、ユスリカ、蚊)

※朝露への暴露

※穿通性の棘(とげ)または芒(のぎ)

※擦過傷、損傷、創傷

※物に皮膚を過度にこすりつける


どのように見えますか:丘疹は最初にウシの体または顔面に生じ、膿疱に変化します。毛がもつれ合って厚いかさぶたや塊になって簡単に取り除けます。


皮下の皮膚は発赤し、痂皮を伴い、軽度のびらんまたは増殖および滲出の所見を伴います。

症状



●皮膚面に0.5~1.5cm大の隆起を多数生じる

●ペンキ用の刷毛に似た痂皮が散発的にみられる

●炎症性滲出

●結節斑

●脱落毛を多量に付着させ、病原部被毛を逆立てる

治療



※病変の毎日の洗浄

局所消毒剤を使って患部を清潔にし、やさしくかさぶたを取り除きます。これを7~10日間繰り返します。

※抗生物質

牛が重度に罹患している場合に適応となることがあります。

予防



※過度の湿気への暴露を最小限に抑える

※定期的に局所抗菌シャンプーで入浴し、毛を十分に乾かす

※防虫剤

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280