家禽の捕食者 ~ キツネ編(日本および欧米)


キツネの被害



キツネは知的な捕食者であり、養鶏場やペットのニワトリ等に大規模な損失ををもたらすことで知られています。キツネは襲撃後通常、獲物を別の場所に連れて行って食べます。


キツネには世界中で見られるいくつかの異なる種がありますが、アカギツネは最も一般的で広く分布している種です。キツネはイヌ科に属し、(イヌ、コヨーテ、ジャッカル、オオカミも含む)掘る、登る、ジャンプ等、身体能力が優れています。


そのため、キツネの攻撃から鶏群を守るためには、安全な柵や囲いを作る必要があります。さらに、夜間は、安全な小屋に鳥を閉じ込める必要があります。


生息場所:キツネは人間の生活圏の近くに巣を作り、農場の建物の近くに住んでいます。


キツネが最も活動的な時期:キツネはほとんどが夜行性で、早朝と夕暮れが最も活動的です。しかし、曇っている日中にキツネが狩りに出てくることもあります。

キツネの攻撃を防ぐ方法



フェンスの高さ:キツネはジャンプや登ることが得意なため、フェンスの高さは1.8メートル以上にする必要があります。


キツネは穴掘りも得意なため、できればコンクリートの床が適していますが、難しい場合は禽舎の底、0.3~0.9mに金網や鉄板を埋めて侵入を防ぐ必要があります。また、15cm、31cm、46cmの間隔で配線された3本線の電気柵を使用し対策します。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280