ヨーネ病(Johne’s Disease) ~ 世界中の反芻動物、特に乳牛に感染する伝染性疾患



パラ結核とも呼ばれるヨーネ病は、世界中の反芻動物、特に乳牛に感染する伝染性疾患です。


これは、マイコバクテリウム・アビウム亜種・パラツベルクローシス(Mycobacterium avium subsp.paratuberculosis (MAP))の感染によって引き起こされます。


ほとんどの動物は生後数ヶ月で感染しますが、成牛になるまで臨床症状が現れません。


伝播:感染牛は糞便、初乳、乳汁中に菌を排出します。若齢で感受性の高い子牛は、汚染された飼料、水、牧草、初乳または牛乳の摂取によって感染します。

症状



●間歇性の難治性泥状・水様性の下痢

●急激な削痩

●泌乳停止

●栄養状態の悪化

●下顎の浮腫

治療



※抗菌療法

予防



※バイオセキュリティー

※ヨーネ病を検査し、感染していないことを確認できる牛群からのみ動物を購入する。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280