牛の腐蹄症(Foot Rot) ~ 急性で感染力の強い疾患で腫脹と跛行が特徴



腐蹄症は、ウシの急性で感染力の強い疾患で、腫脹と跛行を特徴とします。


この病気は、フソバクテリウム・ネクロフォーラム(Fusobacterium necrophorum)、バクテロイデス・メラニノジェニクス(Bacteroides melaninogenicus)、ポルフィロモナス・レビイ(Porphyromonas levii)などの細菌の感染によって引き起こされます。


細菌は皮膚の損傷や湿潤環境にさらされることで侵入し、皮膚のバリアーが損なわれます。感染は牛の蹄の下から発生し、足全体に広がる可能性があります。


腐蹄症は、最初は蜂巣炎および指間皮膚の液化壊死(組織死)および組織形成として現れます。治療を行わないと、肉芽組織と趾間肉芽腫に進行します。進行した症例は、敗血症性関節炎および他の重篤な合併症の発症を伴います。


湿度の高い環境では牛が足を損傷しやすく、本細菌の侵入を受けやすくなるため、腐蹄症は雨季に最も多く発生します。

症状



●軽度から重度への突然の発症

●食欲減退

●つま先が腫れのために広がる

●蜂巣炎

●発熱

●悪臭

●液化壊死(組織死)

治療



※外用薬

スプレーまたは足湯

※抗生物質の全身投与

※足のトリミング

※進行例では外科的切断術が適応となることがあります。

予防



※畜舎に小石や危険物を置かない。

※適切な衛生管理と定期的な糞尿の清掃

※牧草地、特に貯水槽や給水槽の周囲の排水が十分であることを確認する。

※牛がビタミンD、A、亜鉛を十分に含むバランスのとれた栄養食を与える。

※傷やけががあれば速やかに適切に処置します。

※牛にけががないか定期的にチェックします。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280