亜鉛欠乏症 ~ ひよこの成長、発達、免疫機能に大きな影響を与える



亜鉛(Zn)は、ニワトリの体内でインスリンと多数の酵素を形成するために必要な必須微量ミネラルです。


亜鉛の軽度の欠乏でさえ、ひよこの成長、発達、免疫機能に大きな影響を与えることがわかっています。最近の研究では、ニワトリが慢性的なZn欠乏状態にあるとき、その微生物相組成に大きな変化が生じることが明らかになりました。


これらの変化により、特定の病原性日和見細菌が過剰に侵入し、クロストリジウム菌の異常増殖によって引き起こされるGDやNEなどの深刻な病気の発生を引き起こす可能性があります。

亜鉛欠乏症の臨床徴候



亜鉛欠乏症の鶏は、成長が止まり、縮れた羽毛、肥大した飛節を伴う長骨の短縮と肥厚を示します。欠乏症が2週間未満の間に起こった場合は、迅速な治療により、欠乏症に関連する徴候を回復させることができます。


それ以外の場合、ひよこは変形したままになる可能性があります。

亜鉛の相互作用



ビタミンやミネラルには、亜鉛と拮抗するものと、直接的または間接的に作用する相乗作用のあるものがあります。たとえば、食餌にビタミンDを追加すると、カルシウムの吸収が増加し、亜鉛の吸収が抑制されます。


消化管の機能不全や病気も、亜鉛欠乏症につながる障害を引き起こすことがあります。

注意



亜鉛欠乏が疑われる場合は、亜鉛補給の前に獣医に確認するべきです。絶対的欠乏症の場合のみ、食餌にごく少量の亜鉛を加える必要があります。また亜鉛の過剰補給は亜鉛毒性を引き起こすことがあります。

臨床兆候



●縮れた羽

●脚の肥大化による短縮、肥厚

●皮膚炎

●成長の鈍化

●孵化したての弱った雛

治療



●亜鉛の補充

●ヒスチジン


食餌中のヒスチジンの量を増やすことは、脚の異常を軽減するのに役立ちます。

予防



バランスのとれた食餌の摂取

抗生物質で治療後は必ず総合ビタミンミネラル配合剤ネクトンSを与えます
    体調不良のニワトリを抗生物質で治療後には必ずネクトンSを食品カプセルに入れて個々の…
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280