野鳥一覧

ナベヅル

●ナベヅル ナベヅルは江戸(昔の東京)にも冬になると渡って来て、水田に群がっていたので、将軍はタカを使って捕らえ朝廷に献上したこともありましたが、...

記事を読む

ペリカン

●ペリカン ペリカンは熱帯地方から温帯地方にかけて広く分布しています。海上に群棲し、繁殖期には海岸或いは島に集まります。巣は粗末で、卵は1腹に2~...

記事を読む

フラミンゴ

●フラミンゴ フラミンゴは鶴よりも雁・鴨に近縁、アフリカ、ヨーロッパ南部、アジア中南部の沼や海岸に見られ、繁殖期には大群を成し、水辺に泥で大きな円...

記事を読む

エミュー

●エミュー エミューはオーストラリアおよびタスマニア島に生息している大鳥で、やはり飛べません。趾はヒクイドリに同じく3本。嘴はダチョウのように平た...

記事を読む

ヒクイドリ

●ヒクイドリ ダチョウの次に大きいのがエミュー、その次がヒクイドリで、ニューギニア及びその属島に原産します。足指は3本(ダチョウは2本)で内側のも...

記事を読む

キーウィ

●キーウィ キーウィはその鳴き声からきています。ダチョウやヒクイドリの親類で、大きさはニワトリぐらいです。ニュージーランドの特産で夜行性です。 ...

記事を読む

ダチョウ

●ダチョウ ダチョウは世界最大の鳥で、身の丈2.5m、体重136kgにもなる個体がおり、雌の方が大型です。アフリカの大部分とアジアの一部(シリア、...

記事を読む

コウテイペンギン

●コウテイペンギン 清浄な空気のところに常住し、汚れた空気のところだとアスペルギルスと呼ぶカビの胞子を吸い込み、肺炎のような症状を呈して簡単に死ん...

記事を読む

アホウドリ

●アホウドリ アホウドリは何れも翼を広げると2m程の大きな海鳥で、大洋を自由に飛ぶことができますが、繁殖期には島に集まります。アホウドリの主産地は...

記事を読む

ウミネコ

●ウミネコ 日本に渡来するカモメには数種類おりますが、日本で繁殖するのはウミネコだけで、この種は日本周辺に生息しています。所々にある繁殖地は天然記...

記事を読む

カツオドリ

●カツオドリ カツオドリの類は本来熱帯の海鳥ですが、シロカツオドリは北方種で英国に特に多いです。海鳥は繁殖期にそれぞれ定まった島に集まり密集する場...

記事を読む

アジサシ

●アジサシ アジサシは小型ですが、カモメの親類で、一層飛翔性生活をするので翼はさらに長く脚が小さいです。尾は通常ツバメ型であり、ドイツ語ではゼーシ...

記事を読む

ハクチョウ(スワン)

●ハクチョウ(スワン) 青森県の小湊は古来天然記念物のオオハクチョウの渡来地として有名ですが、新潟県の水原の瓢湖という小さい池では、苦心の末、非常...

記事を読む

ウミウ

●ウミウ ウミウはカワウより一回り大きいし、体の下面に緑色の光沢があります。繁殖期には海岸の断崖、岩礁といった所に多数羽集まり営巣します。これは森...

記事を読む

カイツブリ・カワウ

●カイツブリ 日本には5種のカイツブリがみられますが内陸の沼に棲むのは最も小さい唯のカイツブリで、留鳥です。声はキリりりりりと葦の中から聞こえ、【...

記事を読む

ゴイサギ・ヘラサギ

●ゴイサギ ゴイサギはオーストラリアの他、殆ど世界的に分布しています。日本では夏鳥ですが越冬するのもあり、脚輪で標識したものがフィリピンやマレー地...

記事を読む

コチドリ・シロチドリ

●コチドリ コチドリは河原で普通に見る小さいチドリです。嘴が短く眼が大きく、脚の指が3本で早く走るのがシギと違います。瞼が黄色なのが特徴で卵や雛は...

記事を読む

ハジロコチドリ・トウネン

●ハジロコチドリ イギリスの鳥類学者スミス、ホスキング両氏はハジロコチドリの性質の実験で、大きな鏡を置いたところ、自分の姿を侵入者として攻撃するよ...

記事を読む

シギ類・ミヤコドリ

●ダイシャクシギ シギの類は文字通リの渡り鳥で、北方の繁殖地と南半球の越冬地へ行く途中で日本の沿岸にて羽を休めます。種類が多く嘴の長さや形が様々で...

記事を読む

ヨシゴイ・オシドリ

●ヨシゴイ 葦原にはヨシキリとヨシゴイが棲んでいます。ヨシキリは賑やかなのに比べてヨシゴイはあまり鳴かずに葦の中に潜み、声はただウーウーと言うだけ...

記事を読む

スポンサーリンク
広告336×280