白筋疾患(白筋病) ~ 歩くことが困難・立ち上がることができない



栄養性筋ジストロフィーとしても知られる白筋疾患(WMD)は、ニワトリの骨格筋と心筋の変性です。


ビタミンEまたはセレンの欠乏に関連していて、セレン欠乏症により、ビタミンEの輸送が阻害されることがあります。この病気は、ニワトリの筋肉組織(ミオパシー)に損傷を与え、進行性の筋力低下と運動を制御する筋肉の変性を引き起こします。

WMDの臨床徴候



この病気がニワトリの骨格筋に影響を及ぼすと、進行性の麻痺の症状を引き起こします。


鳥は歩くことが困難なことが多く、立ち上がることができない場合があります。 心臓、横隔膜、舌、および食道の筋肉も一般的に影響を受けます。


心臓が影響を受けると、一部の鳥は事前の臨床徴候なしに心不全で突然死ぬことがあります。この発生は通常、(突然)怖がらせる、おびえさせるまたはストレス事象と関連しています。


多くの場合、ゆっくり進行する心不全が生じます。

診断



白筋病は、獣医が簡単な血液検査を行うことで診断できます。これには、血液中のセレンの含有量の測定が含まれます。

治療



白筋疾患は、セレンとビタミンEの注射によって効果的に予防し、治療することができます。治療は獣医の勧めによってのみ行うべきです。理由としては、大量のセレンは毒性があり、死に至る可能性があるからです。

臨床兆候



●進行性麻痺

●歩行困難

●起立不能

●(突然)怖がらせる、おびえさせる後の突然死

治療



●ビタミンE・セレン注射剤又はサプリメント


●支持療法

予防



十分なレベルのビタミンEとセレンを含むバランスのとれた食事を鶏に与える。

抗生物質で治療後は必ず総合ビタミンミネラル配合剤ネクトンSを与えます
    体調不良のニワトリを抗生物質で治療後には必ずネクトンSを食品カプセルに入れて個々の…
キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280