ウエストナイルウイルス(West Nile Virus) ~ 人と馬では脳炎が重症化しやすい



ウエストナイルウイルス(WNV)は、人畜共通感染症の蚊が媒介するフラビウイルスであり、米国(U.S.)とカナダ、アフリカ、ヨーロッパ、中東、西アジアで流行しています。


WNVは、蚊(Culex spp.)と野生の渡り鳥が関与する一次流行のサイクルで維持されるアルボウイルスです。渡り鳥がウイルスを新しい地域に運び、蚊がそれを広めます。


温帯地域では、蚊は晩春に孵化し、春から夏にかけて鳥を刺咬するため、晩夏から初秋にかけて、鳥や蚊のウイルス数はかなり増幅されます。


この時、「ブリッジベクター:蚊媒介性疾患を別種の動物集団に伝搬する媒介蚊はブリッジベクターと呼ばれます」として機能する蚊の特定の集団は、鳥だけでなく、ヒトや馬などの哺乳類も刺咬し、二次的なサイクルが発生し、ヒトやワクチンを接種していない馬、そして場合によっては他の動物にもWNVの臨床疾患が発生することがあります。

馬のウエストナイルウイルスの症状とは?



WNVの臨床症状は、その持続時間も含めて、多くの場合、大きく変化します。


病気の経過を経て完全に回復したかのように見える馬でも、30%は7日から10日以内に臨床症状が再発します。WNFに罹患した馬の30%は、最終的に1つまたは複数の脚の完全な麻痺に進行します。


ほとんどの馬は、人道的な理由で安楽死させられるか、突然死することがあります。WNVに感染した馬に見られる最も一般的な症状は以下の通りです。


●発熱

軽度から中等度の38.6~39.4℃の発熱と食欲不振および抑うつが同時にみられます。


●筋線維束性収縮

馬の顔面および頸部の筋肉の微細な筋線維束性収縮および進行性筋線維束性収縮が最もよくみられます。筋線維束性収縮はしばしば4本の脚と体全体に生じます。


また、鼻やまぶたに起こることもあります。重度の場合、歩行、食事、他の馬やヒトとの交流などの正常な活動が妨げられることがあります。


●性格の変化

多くの場合、馬の性格の完全な変化を伴います。


通常静かな馬は、時には攻撃的な状態になるまで、過度の興奮と不安定の期間があるかもしれません。通常攻撃的な馬は、奇妙なことに従順で静かになる可能性があります。


過興奮の期間中、影響を受けた馬はナルコレプシー様睡眠障害を発症することがあります。


●脳神経の異常

短期間に異常となることが多い。


舌の筋力低下、頭部の傾斜および鼻側偏位が最も一般的です。神経系の機能障害の結果としての呼吸困難は、時に呼吸不全や胃腸障害として起こることがあります。


●脊椎の異常

前肢や後肢の様々な組み合わせによる運動失調や麻痺、あるいは1つまたは複数の脚に限局した弛緩性麻痺が起こることがあります。


症状は短期間しか続かないこともあれば、突然、横臥することもあります。

馬はどのようにしてWNVに感染するのですか?



WNVは蚊を介して馬に感染します。


マダニやシラミなどの他の節足動物も感染にわずかながら関与している可能性があります。25,000以上のWNVの臨床例が馬で診断されています。


北部の気候では蚊の活動が活発になる時期に発症し、熱帯や亜熱帯の気候では年間を通して発症します。

WNVの潜伏期間は?



WNVの潜伏期間は3~15日です。


また、感染馬の大部分は臨床徴候を示しません。死亡率は、ワクチン接種を受けていない臨床的に罹患した馬の約3頭に1頭です。

WNVはどのように診断されますか?



現在のところ、WNVの診断は、病歴 (馬がワクチン接種を受けているかどうかにかかわらず) 、臨床徴候、および以下の結果の1つ以上を証明する臨床検査に基づいています。


※組織、血液、脳脊髄液からのWNVのウイルス分離または逆転写酵素-ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)による検出。

※2週間の間隔をおいて採取したペア血清サンプル間で、プラーク減少中和試験(PRNT)抗体価が4倍に上昇した(疾患の臨床症状と時間的に関連している)。

※IgM捕捉ELISAによるWNVに対するIgM抗体の検出

※1つの血清サンプルにおいて、PRNTによる中和力価が1:10以上であること。

症状



●運動失調

●筋線維束性収縮

●発熱

●麻痺

●横臥

●けいれん発作

●食欲不振

●抑うつ

●歩行異常

●舌の筋力低下

●頭の傾斜

●嚥下困難

●性格の変化

●過興奮

●攻撃性の増大

診断



●病歴

●臨床兆候

●全血球算定 (CBC)

●血清生化学分析

●脳脊髄液(CSF)分析

●IgM抗体捕捉酵素免疫測定法 (MAC-ELISA)

●剖検

●WNVウイルス分離‐CNS組織におけるPCR、培養および免疫組織化学 (IHC)

治療



※WN熱の治療法として、リバビリン、インターフェロン、浸透圧剤、ガンマグロブリン、ステロイドを評価した研究が公開試験で行われていますが、その有効性を判断するには、より決定的な証拠が必要です。

※支持療法

予防



※蚊の季節が始まる前に馬にワクチンを接種する。一部の地域では1年中ワクチンを接種し、より頻繁な予防接種を必要とします。

※敷地内の蚊の個体数の管理(蚊が繁殖するのを最小限にするために、水が溜まっている場所を減らす)。

予後



臨床症状のある馬の約30%は自然に死亡するか、人道的に安楽死させられます。


残りの70%は3~7日以内に回復しますが、そのうち10%は衰弱や運動失調を伴う長期的な合併症を起こします。

スポンサーリンク
336×280