ビタミンD欠乏症 ~ くる病・脚や嘴の変形



ビタミンDは、カルシウムの恒常性を調節する脂溶性ビタミンで、骨の健康に不可欠です。


ビタミンDの最も顕著な2つの形態は、エルゴカルシフェロール(ビタミンD2)とコレカルシフェロール(ビタミンD3)です。 ビタミンD3は、鶏、特にヒナの成長と産卵鶏にとって重要な栄養素です。


成長期のひよこでは、ビタミンD欠乏症がくる病を引き起こし、脚とくちばしの変形を引き起こす可能性があります。 鶏では、ビタミンD欠乏は産卵に悪影響を及ぼし、カルシウム欠乏を引き起こす可能性があります。


ビタミンDの必要性は、リンとカルシウムの比率に大きく依存します。 家禽でのビタミンDの必要性は、カルシウムおよび(または)リンの濃度が不十分であるか、食餌中のこれらのミネラルの比率が不適切であるため、数倍増加します。


鶏は、飼料で摂取するか、日光に直接さらすことで、2つの異なる経路で体内にビタミンD3を摂取できます。 ガラス越しでは体内に到達する必要のある紫外線(UV)が透過しないため、通常の窓ガラスからの日光は皮膚でのビタミンDの生成には効果がありません。

ビタミンDの相互作用



鶏がビタミンD3を過剰に摂取すると、高カルシウム血症と呼ばれる血中の過剰なカルシウムが生じる可能性があります。


これは痛風、心臓の問題、肝臓の損傷につながる可能性がある深刻な状態です。 産卵鶏の食餌中のビタミンD3が多すぎるという臨床徴候は、卵殻にカルシウムの面皰のある卵の産卵です。 卵殻から面皰を削り取ると、殻に小さな穴が残ります。

鶏におけるビタミンDの栄養に関する推奨事項



ニワトリがビタミンDを必要とするかどうかはカルシウムとリンの比率によります。


家禽のビタミンDの必要量は、カルシウムまたはリンの濃度が不十分であるか、食餌中のこれらのミネラルの比率が不適切であることにより、数倍増加します。


ニワトリでは、カルシウム:無機リンの最適な食餌比は約2:1です。最近の研究では、様々な年齢のニワトリにビタミンD3が必要であることが示されています。


●初生雛(0-10週間)


3.000-4.000IU/kg


●若鶏(10-20週間)


2.000-3.000IU/kg


●産卵鶏(積極的に産卵する)


3.000-4.000IU/kg


●ブリーダー(20週間以上)*


3.000-4.500IU/kg


●ブロイラー/「肉鶏」品種の雛(0-18週)


3.000-4.000IU/kg


●ブロイラー/「肉鶏」品種*(19週間以上)


3.000-5.000IU/kg

臨床兆候



●産卵低下

●薄い殻の卵または柔らかい殻の卵

●小さい卵

●卵の殻にカルシウムのにきびができる

●成長の鈍化

●くちばし、足、竜骨(竜骨突起)の軟化 

●孵化不良

●くちばしの曲がり又は奇形

●下肢の湾曲

治療



●ビタミンD3の補給


筋注(6600U/kg、一回)または(3300U/kg、7日間ごと)


1日に少なくとも10~30分は日光を利用できるようにする。


●タラ肝油


5ポンド(5kg当たり65mL)につき大さじ2の割合で飼料に添加する。


●ひな用


一日の一部にフルスペクトル蛍光灯を照射する

予防



十分なビタミンDを含むバランスのとれた食事を与える

抗生物質で治療後は必ず総合ビタミンミネラル配合剤ネクトンSを与えます
    体調不良のニワトリを抗生物質で治療後には必ずネクトンSを食品カプセルに入れて個々の…
キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280