ウイルス性関節炎 ~ トリレオウイルス(ARV)の感染による関節の炎症



ウイルス性関節炎は、腱滑膜炎(腱鞘炎)と呼ばれ、トリレオウイルス(ARV)の感染による関節の炎症です。この病気は肉鶏の品種で最も頻繁に見られますが、すべての鶏の品種が影響を受けます。


商業家禽生産者は、母性抗体を介して子孫を保護するブリーダーの鶏群にワクチン接種することによってウイルスを制御します。


ほとんどの鳥は生後6週から16週の間にこの病気の徴候を示し、生後4~5週未満の鳥ではまれです。この病気は最初、片方または両方の足裏の皮膚が腫れて炎症を起こし、すぐに股関節に広がります。


痛みを引き起こし、鳥が歩きにくくなります。寝転がっている姿もよく見られ、無理に動くと足が不自由になります。


重症例では、関節の関節軟骨が完全に侵食され、慢性腱炎および腓腹筋腱の断裂を来すことがあります。この場合、関節の皮膚が内出血で緑色になることがあります。

スポンサーリンク
広告336×280

ウイルス性関節炎の診断方法



診断は、鳥の関節液中のウイルスの検出に基づいています。

臨床兆候



●膝関節の腫脹

●跛行、歩行困難

●動きたくない・動かない

治療



●支持療法


●手術

予防



ワクチン接種


バイオセキュリティー

スポンサーリンク
広告336×280