心室中隔欠損症(Ventricular Septal Defects) ~ 馬における最も一般的な先天性心疾患



心室中隔欠損症(VSD)は馬における最も一般的な先天性心疾患です。


VSDは馬の個体群の0.1~0.5%に発生すると言われています。アラビア馬またはアラビアンクロス種は、非常に頻繁に発生することから、VSDの遺伝的素因があると考えられています。


VSDは、心室中隔の開口部を介して、馬の左心室から右心室へ血液が不適切にシャント(シャント とは、血液が本来通るべき血管と別のルートを流れる状態のこと)されます。


血液が左心室と肺を循環すると、心筋の肥大、心臓内の圧力の変化を引き起こし、重症の場合はチアノーゼなどの全身異常を引き起こします。


馬のVSDの臨床症状は、欠損の重症度と発症年齢によって大きく異なります。軽度の欠陥を持つ馬は、無症状であったり、高齢になるまで臨床兆候が現れません。

症状



●授乳時の疲労感

●給餌時やちょっとした運動時に倒れてしまう

●筋力低下

●発育不良

●運動耐容能低下

●突然死

●心雑音

●呼吸数の増加

●チアノーゼ

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●心エコー図

●超音波

●X線写真

●運動テスト

●剖検

治療



※実用的な治療法はありません。

予後



●予後は大きさと位置に依存します。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280