血管炎(Vasculitis) ~ 馬の免疫システムが誤って血管を攻撃した場合に起こる症状



血管炎は血管の炎症で、馬の免疫システムが誤って血管を攻撃した場合に起こる症状です。


血管炎は、原発性疾患(他の病気が原因となって引き起こされる疾患に対して「二次性」あるいは「続発性」と呼びますが、それに対して原因となる病気がない場合や、あるいは原因不明の場合に「原発性」と呼びます)として発生することもありますが、免疫介在性疾患、感染性疾患、毒性疾患、腫瘍関連疾患などによる二次的な疾患として発見されることが多いです。

症状



●足、体、頭のいずれかが腫れる。

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●臨床検査

治療



※支持療法

※抗原刺激物質を除去する

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280