トキソプラズマ症(Toxoplasmosis) ~ 子山羊や豚では、高熱が持続する稽留熱および肺炎が顕著



トキソプラズマ症は、原虫であるトキソプラズマ・ゴンディ(Toxoplasma gondii)によって引き起こされる一般的な感染性の人畜共通感染症で、ヒトおよび動物において長期にわたる感染をもたらします。


子山羊や豚では、高熱が持続する稽留熱および肺炎が顕著で、死亡山羊では全葉性出血性水腫性肺炎とリンパ節の出血・壊死がみられ、実質臓器の点状出血・壊死があります。

症状



●流産

キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280