ネコの排泄物が原因の人畜共通感染症トキソプラズマ症



トキソプラズマ症は、原生動物の寄生虫トキソプラズマ原虫 ( T.gondii )によって起こされる感染症です。


T.gondiiは、平飼いや放し飼いの鶏によく見られます。しかし、ニワトリでは臨床的疾患はめったに発生せず、一般に臨床的トキソプラズマ症に耐性があると考えられています。


ニワトリの臨床的トキソプラズマ症に関する報告はわずかしかありません。


トキソプラズマ症は、ノネコや飼い猫の排泄物(オーシストと呼ばれる卵が含まれる)を介して(数百万)周囲の環境を汚染します。


T.gondiiオーシストは非常に丈夫であり、猫の排泄物が分解した後も何年も環境にとどまります。 ニワトリは、土壌環境からこれらのオーシストを摂取することにより感染します。

トキソプラズマ症の臨床兆候


●食欲減少

●斜頸

●削痩

●筋肉の痙攣

●麻痺

●失明

●虚弱

●起立不能

トキソプラズマ症の治療



●支持療法


鳥を群れから隔離し、安全で快適で暖かい場所に置き、ストレスのない生活をさせます。


●ピリメタミン


0.5mg / kgを1日2回経口投与


●ジクラズリル


飼料中:0.5-1mg / kg 

キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280