毒性(馬)一覧

ザミアスタッガー(Zamia staggers) ~ ソテツ科の植物を摂取することによって起こる馬の中毒症状

ザミアスタッガーは、よく知られているサゴヤシを含むソテツ科、ソテツ目、マクロザミア属、ザミア属の植物を摂取することによって起こる馬の中毒症状です。 ...

イチイの毒性(Yew toxicity) ~ イチイ属の葉を体重の0.1%程度摂取しただけで、馬は致命的なダメージを受けます

イチイ(イチイ属)は、世界各地で見られる一般的な観賞用樹木または低木で、生け垣として使用されます。樹形は密に枝分かれした常緑樹で、幹は太く、高さは20m...

ドクゼリの毒性(Water hemlock toxicity) ~ 成馬であれば体重の0.5%を摂取するだけで死に至ります

ドクゼリ(Cicuta virosa)は、知られている中で最も激しい毒性を持つ毒草の一つです。 成馬であれば体重の0.5%を摂取するだけで死に...

季節性牧草由来筋症(Seasonal pasture myopathy) ~ トネリコバノカエデの種子を食べることによって引き起こされる非常に致命的な馬の筋肉疾患

季節性牧草由来筋症(SPM)は、トネリコバノカエデ(Acer negundo)の種子を食べることによって引き起こされる、非常に致命的な馬の筋肉疾患です。...

馬のセントジョージ病(St george disease) ~ ピメレア属種の植物を摂取することで起こるピメレア中毒の別称

セントジョージ病(St george disease)は、ピメレア属種(Pimelea trichostachya)の植物を摂取することで起こるピメレア...

ピロリジジンアルカロイドの毒性(Pyrrolizidine alkaloid toxicity) ~ 馬における肝障害の一般的な原因

ピロリジジンアルカロイド (PA) 毒性は、馬における肝障害の一般的な原因です。 ピロリジジンアルカロイドを含有する生または乾燥した植物材料 ...

ヨウシュヤマゴボウの毒性(Pokeweed toxicity) ~ 全体にわたって毒があり果実も有毒で果実中の種子は毒性が高い

ヨウシュヤマゴボウ(Phytolacca american)は、北米原産のヤマゴボウ科ヤマゴボウ属の多年草で別名はアメリカヤマゴボウ。アメリカ合衆国では...

ドクニンジンの毒性(Poison hemlock toxicity) ~ 植物のすべての部分に毒性がある

ドクニンジン(コニウム・マクラツム:Conium maculatum)は、ヨーロッパや西アジアが原産の一年草または二年草です。 アメリカやオセ...

ファラリス中毒(Phalaris toxicoses) ~ クサヨシ属の植物を摂取することによって引き起こされます

ファラリス中毒は、クサヨシ属の植物を摂取することによって引き起こされます。 最も頻繁に見られるのは、 オニクサヨシ (Phalaris aqu...

馬のシマスズメノヒエふらふら病(Paspalum staggers) ~ シマスズメノヒエの摂取から生じる馬の神経疾患

シマスズメノヒエふらふら病は、クラビセプス・パスパリ(Claviceps paspali)の菌核(麦角)を含むシマスズメノヒエを摂取することで生じる馬の...

キョウチクトウの毒性(Oleander toxicity) ~ 世界中の動物中毒の主な原因となっています

キョウチクトウ(夾竹桃:Nerium oleander)は、キョウチクトウ科キョウチクトウ属の常緑低木もしくは常緑小高木で、世界中の動物中毒の主な原因と...

硝酸塩の毒性(Nitrate toxicity) ~ 硝酸塩中毒は急速に死に至る可能性があります

硝酸塩は、有機化合物の酸化によって生成され、植物の根に吸収される天然物質です。ほとんどの植物は少量の硝酸塩しか吸収できません。 しかし、硝酸塩...

ナス科植物中毒(Nightshade poisoning) ~ ナス科植物 (ナス科) の摂取は馬に有毒

ナス科植物 (ナス科) の摂取は馬に有毒です。馬の神経系と消化管に有害な影響を及ぼすことで知られている種々の有毒なアルカロイドを含む大規模な植物群です。...

カビの生えたスイートクローバー中毒(Moldy sweetclover poisoning) ~ 正常な血液凝固を妨げ、出血などの血液異常を引き起こします

セイヨウエビラハギ(Melilotus officinalis)は、ヨーロッパとアジアに自生する、甘い香りの、直立した、越年草です。 飼料作...

マシュマロ(ウサギアオイ)中毒症(Marshmallow toxicosis) ~ 馬がウサギアオイという植物を食べることで起こります

マシュマロ中毒症は、馬がウサギアオイ:兎葵(Malva parviflora)という植物を食べることで起こります。植物に含まれるシクロプロペン脂肪酸が馬...

馬繁殖障害症候群(Mare reproductive loss syndrome) ~ 妊娠雌馬における流産、死産および虚弱早期死亡子馬の大発生を引き起こす状態

馬繁殖障害症候群 (MRLS) は妊娠雌馬における流産、死産および虚弱早期死亡子馬の大発生を引き起こす状態です。2001年には、ケンタッキー州中部の繁殖...

ロコ病(Locoism) ~ ロコ草の慢性的な摂取に起因する馬の神経学的状態

ロコ病はロコ草中毒としても知られており、ロコ草の慢性的な摂取に起因する馬の神経学的状態です。ロコ草は多年生の顕花植物であり、家畜にとってより深刻な有毒雑...

コマツナギの毒性(Indigofera toxicity) ~ 毒素への慢性的かつ累積的な曝露に起因する馬の神経系疾患

コマツナギの毒性は、特定のコマツナギ属の種に存在するインドスピシン(indospicine)または、3-ニトロプロピオン酸(3-NPA)毒素への慢性的か...

ウスユキナズナ(ホーリー・アリソン)の毒性(Hoary alyssum toxicity) ~ 蹄葉炎を引き起こす可能性があります

ウスユキナズナ(ホーリー・アリソン)(ベルテロア・インカナ:Berteroa incana) は、馬が摂取すると有毒です。 ウスユキナズナは肢...

フォックステイル(Foxtails) ~ 馬の口腔にダメージを与える鋭い穂状花序を持つ植物群

フォックステイルグラス(エノコログサ)は、食べると馬の口腔にダメージを与える鋭い穂状花序を持つ植物群からなります。最も頻繁に観察される種は以下の通りです...

馬の羊膜炎と胎仔死亡(Equine Amnionitis And Fetal Loss) ~ 行列毛虫(Ochrogaster lunifer)の毛への暴露に関連しています

馬の羊膜炎と胎仔死亡(EAFL)は、オーストラリアに生息する妊娠中期から後期の雌馬に発生する異常な形態の流産です。これは、行列毛虫(Ochrogaste...

スポンサーリンク
336×280