毒性(馬)一覧

カビの生えたスイートクローバー中毒(Moldy sweetclover poisoning) ~ 正常な血液凝固を妨げ、出血などの血液異常を引き起こします

セイヨウエビラハギ(Melilotus officinalis)は、ヨーロッパとアジアに自生する、甘い香りの、直立した、越年草です。 飼料作...

記事を読む

マシュマロ(ウサギアオイ)中毒症(Marshmallow toxicosis) ~ 馬がウサギアオイという植物を食べることで起こります

マシュマロ中毒症は、馬がウサギアオイ:兎葵(Malva parviflora)という植物を食べることで起こります。植物に含まれるシクロプロペン脂肪酸が馬...

記事を読む

馬繁殖障害症候群(Mare reproductive loss syndrome) ~ 妊娠雌馬における流産、死産および虚弱早期死亡子馬の大発生を引き起こす状態

馬繁殖障害症候群 (MRLS) は妊娠雌馬における流産、死産および虚弱早期死亡子馬の大発生を引き起こす状態です。2001年には、ケンタッキー州中部の繁殖...

記事を読む

ロコ病(Locoism) ~ ロコ草の慢性的な摂取に起因する馬の神経学的状態

ロコ病はロコ草中毒としても知られており、ロコ草の慢性的な摂取に起因する馬の神経学的状態です。ロコ草は多年生の顕花植物であり、家畜にとってより深刻な有毒雑...

記事を読む

コマツナギの毒性(Indigofera toxicity) ~ 毒素への慢性的かつ累積的な曝露に起因する馬の神経系疾患

コマツナギの毒性は、特定のコマツナギ属の種に存在するインドスピシン(indospicine)または、3-ニトロプロピオン酸(3-NPA)毒素への慢性的か...

記事を読む

ウスユキナズナ(ホーリー・アリソン)の毒性(Hoary alyssum toxicity) ~ 蹄葉炎を引き起こす可能性があります

ウスユキナズナ(ホーリー・アリソン)(ベルテロア・インカナ:Berteroa incana) は、馬が摂取すると有毒です。 ウスユキナズナは肢...

記事を読む

フォックステイル(Foxtails) ~ 馬の口腔にダメージを与える鋭い穂状花序を持つ植物群

フォックステイルグラス(エノコログサ)は、食べると馬の口腔にダメージを与える鋭い穂状花序を持つ植物群からなります。最も頻繁に観察される種は以下の通りです...

記事を読む

馬の羊膜炎と胎仔死亡(Equine Amnionitis And Fetal Loss) ~ 行列毛虫(Ochrogaster lunifer)の毛への暴露に関連しています

馬の羊膜炎と胎仔死亡(EAFL)は、オーストラリアに生息する妊娠中期から後期の雌馬に発生する異常な形態の流産です。これは、行列毛虫(Ochrogaste...

記事を読む

シアン化物毒性(Cyanide Toxicity) ~ サクランボ、すもも、桃、アンズの種を馬に与えてはいけません

シアン化物毒性は、モロコシ、スーダングラス、トウモロコシなどのシアン化飼料植物が多数存在するため、馬で比較的よくみられます。 これらの植物に含...

記事を読む

ヒマシ油の毒性(Castor Oil Toxicity)

トウゴマ:唐胡麻(Ricinus communis)の種子から得られる油は、ヒマシ油とも呼ばれ、トウダイグサ科トウゴマ属の長寿命の多年生低木の一種です。...

記事を読む

強心配糖体の毒性(Cardiac Glycoside Toxicity) ~ 強心配糖体含有植物の摂取によって引き起こされます

強心配糖体の毒性は強心配糖体含有植物の摂取によって引き起こされます。 これらには、 キョウチクトウ科(Apocynaceae)、 ガガイモ科(...

記事を読む

ワラビなどのシダ植物の毒性(Bracken Fern Toxicity) ~ 抗チアミン物質が含まれ、これらを多量に摂取するとビタミン B1(チアミン)欠乏症が生じる

ワラビ(プテリジウム・アクイリンナム:Pteridium aquilinum)は多年生のシダ植物で、大きくて広い三角形の葉が特徴的です。 ワラ...

記事を読む

藍藻の毒性(Blue-green Algae Toxicity) ~ 馬は汚染された水を飲むことによって中毒になります

シアノバクテリアとして知られる藍藻は、酸素を必要とする光合成独立栄養細菌であり、その中には致命的なシアノトキシンを産生する能力を持つ細菌も存在します。 ...

記事を読む

ツチハンミョウ中毒(Blister Beetle Toxicity) ~ ハンミョウで汚染された干し草を馬が食べることで発生します

ツチハンミョウ中毒は、つぶれたハンミョウで汚染された干し草を馬が食べることで発生します。これらの甲虫は、カンタリジンと呼ばれる刺激性のある有毒物質を分泌...

記事を読む

非定型筋症(Atypical Myopathy) ~ 初期には嗜眠、食欲不振などの症状が見られる

季節性牧草由来筋症(SPM)としても知られる非定型筋症(AM)は、シカモアの種子、和名はスズカケノキまたはシカモアの実生を食べることによって引き起こされ...

記事を読む

抗凝固剤系殺鼠剤の毒性(Anticoagulant Rodenticide Toxicity)

抗凝固剤系殺鼠剤の毒性は、抗凝固剤系殺鼠剤の摂取、または馬の舟状骨疾患の管理によく使用されるワルファリンの過剰摂取によって起こります。 大きく...

記事を読む

スポンサーリンク
336×280