東天紅・チャボ

東天紅、チャボを飼育されている方がおられましたら、写真を提供下さい。よろしくお願いします。



●とうてんこう(東天紅)Totenko

日本鶏には、長尾鶏とならんで、長鳴鶏があります。”時の声”を長くのばして鳴く1群のニワトリです。


東天紅はその代表的なもので、ふつう、ニワトリの雄は3秒ぐらいしか続きませんが、これは15~20秒も続きます。


愛玩用鶏で、高知県土佐の原産。

東天紅の詳細



小国と同様、長尾性のニワトリですが、この尾羽は毎年換羽します。


羽毛色は、赤と黒との混じた赤笹です。

能力



声が長く続くし、その音色も良い。長鳴鶏のうちでは、もっとも高声で鳴きます。

分布



高知県に多い。昭和11年(1936)天然記念物に指定されました。




●チャボ(Japanese Bantam)

ベトナム地方の原産で徳川時代の初期に日本に渡り、現在の体型に改良されました。体が小さく、愛玩用種。

チャボの詳細



体は著しく小格で、成雌、0.6kgぐらいです。羽色により、14種に分けられ、そのうち、白チャボと桂チャボが特に有名です。


白チャボは真白、桂チャボは、尾に銅白色のコロンビア斑(黒色の尾にある白色覆輪)をもちます。

能力



小格で愛らしい。産卵は少ないですが、なかには年に100個近く産むものもあります。抱卵が巧みなため、かつては母鶏に使われたことがあります。

分布



本邦各地に分布していますが、羽数はごくわずかです。昭和16年(1941)に天然記念物に指定されました。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280