脛骨軟骨形成不全症 ~ 自発的な脚の骨折、壊死、および重度の疼痛と跛行に苦しみます



脛骨軟骨形成不全症(TD)は、脛骨の近位端での異常な軟骨の発達を伴う骨格骨障害です。これは主にブロイラー(コーニッシュ種)の自由給餌下で発生します。雄のニワトリは雌よりも脛骨軟骨形成不全症を発症する傾向があります。ほとんどの場合、生後3~8週のときに発生します。


最も一般的な臨床徴候は異常歩行であり、跛行および慢性疼痛をもたらします。


TDでは、脚の長管骨(脛骨)の成長板に異常な量の軟骨が形成されます。石灰化するのではなく、軟骨は軟らかいままで、圧迫されたり体重が重くなったりすると、後方に曲がります。結果として、TDのニワトリは自発的な脚の骨折、壊死、および重度の疼痛と跛行に苦しみます。


ひどい跛行の鳥は、痛みのために立っていられないことがよくあります。これらの鳥は特別な支持療法を必要とし、移動する必要があります。


そうでなければ、食糧や水を摂取することができません。他の鳥と一緒に放っておくと、他の鶏群からのいじめを受ける可能性もあります。

脛骨軟骨異形成症の診断方法



TDの鳥の脛骨足骨のX線写真では、罹患した骨幹部に異常に大きな軟骨が認められます。

臨床兆候



●歩行異常

●跛行・歩行異常

●立ちたがらない

●動きの減少

治療



●飼料管理の変更


鳥の食事を毎日2回の少量に制限することで、絶えず餌を与えなくても、病気の悪影響を最小限に抑えることができます。


●体重管理


体重をコントロールするために、鳥の体重を継続的に監視する必要があります。


●支持療法


抱っこひもや鶏用車椅子などの治療補助器具を用意して、脚の圧迫を少しでも取り除く手助けをしましょう。

予防



適正な体重管理。

コーニッシュ種やブロイラー、飼料を毎日2回の少量に制限しましょう。

高品質の家禽飼料を与える。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告336×280