蹄叉腐爛(Thrush) ~ 蹄叉の感染および壊死を起こす疾患



蹄叉腐爛は、馬の蹄(特に蹄叉)によく見られる細菌感染症です。


この感染症を引き起こす細菌、フソバクテリウム・ネクロフォーラム:(Fusobacterium necrophorum)は、泥や汚れた不衛生な環境によく見られます。


馬はそのような環境に長時間立っていることで、この細菌に感染します。


フソバクテリウム・ネクロフォーラムは、馬の蹄叉中溝や側溝のような低酸素環境を好むため、積極的に馬の蹄叉に引き寄せられます。


蹄叉腐爛の特徴は、蹄叉中溝や側溝に悪臭を放つ黒い物質があることです。


また、蹄叉の表面は白くてカサカサしていて脆いです。蹄叉腐爛の初期段階は蹄癌の馬に見られる臨床症状によく似ているため、馬の飼い主は蹄叉腐爛を過剰に診断しがちです。


いずれかの組織で出血が見られたり、病変が蹄叉の外側に広がっていたり、馬が蹄叉腐爛の治療に反応しない場合は、通常、蹄癌を示唆しています。

症状



●汚れた臭いのする黒または灰色の蹄

●フーフーピック (裏掘り)でこすると、その部分が割れて崩れやすくなります。

●基礎構造に損傷がある場合の疼痛

●跛行

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●培養

治療



※環境修正

馬は乾燥した清潔な環境に移動し、毎日掃除された新鮮で良質な敷科を少なくとも約8センチメートル敷いた馬房に収容しなければなりません。


※バランスのとれた削蹄

壊死した組織を除去するために、認定された装蹄師によって行われる


※洗浄

馬の足は毎日手入れをし、希釈したヨウ素溶液や市販の蹄叉腐爛治療薬で洗浄する。


※蹄充填剤

砂糖とベタジンを混ぜたものを使用


※外科的デブリードマン

重症の場合には、積極的な治療と並行して必要となる場合があります。

予防



※4~6週間に一度、認定された装蹄師による定期的な削蹄を行います。

※毎日のように、特に泥だらけの状態で外に出された後の馬の足を洗浄する。

※馬には少なくとも約8センチメートルの清潔で高品質の敷科で保護する。これは、毎日交換します。

※足場と水はけを良くすることで、牧草地の泥や水の蓄積を最小限に抑えることができます。

予後



治療が始まれば通常は良好

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280