血小板増加症(Thrombocytosis) ~ 血液成分の1つである血小板が異常に増えた状態



血小板増多症は、血小板の数が多い状態(1マイクロリットルあたり40万個以上)と定義されます。通常は、貧血、炎症性疾患、がん、特定の感染症など、既存の基礎疾患の二次的な結果として馬に発生します。


ただし、次のように、馬の血小板数が一時的に増加する原因となる条件がいくつかあります。 

●大きな手術からの復帰

●最近の外傷で大量の出血があった。

●葉酸またはビタミンB12の欠乏

●激しいレース、イベント、トレーニングの後



まれに、血小板数の増加が、骨髄疾患が原因での主要または必須の状態として起こることがあります。血小板増多症は、馬の骨髄が非常に多くの血小板を産生する、まれな骨髄増殖性疾患です。


血小板増多症を患っている馬は、過剰な血小板の存在により、過剰な血液凝固(血栓症)のリスクが高まります。

診断



●病歴

●身体診察

●血小板検査

治療



※主な原因を特定するための診断テストと、支持療法による基礎原因の治療

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280