血小板減少症(Thrombocytopenia) ~ 血小板数が少ないことを意味する、馬ではやや稀な疾患です



血小板減少症は、血小板数が少ないことを意味する、馬ではやや稀な疾患です。


血小板減少症は、血小板数が100×103/マイクロリットル以下の馬に見られます。ある研究では、入院している馬の約1.5%に見られたそうです。一般的に、次の2つの理由のいずれかが原因で発生します。


●骨髄で十分な血小板が産生されなくなる疾患

●骨髄で作られる血小板が少なすぎる場合または破壊される状態。

血小板数が少ない馬に関連する症状は以下の通りです。



●特発性血小板減少症(ITP)

●ある種の薬剤や抗生物質、コルヒチンやインドメタシン、キニジン、ヒドラジン、H2ブロック剤、トルブタミド、イソニアジド、サイアザイド系利尿剤などは、薬剤による血小板数の減少との関連性が指摘されています。

●白血病、リンパ腫、その他の癌が馬の骨髄に転移している可能性があります。

●血小板の消費は、播種性血管内凝固症候群(DIC)、血栓性血小板減少性紫斑病、溶血性尿毒症症候群(HUS)の馬に見られます。

●化学療法や放射線療法が骨髄の血小板産生能力に影響を与える可能性があります。

●自己免疫疾患

●ウィルス感染症

●再生不良性貧血

●殺虫剤、ヒ素、ベンゼンなどの有害化学物質への暴露

●敗血症 (特にグラム陰性細菌による感染症を伴う場合)

症状



●口や歯ぐきからの出血

●馬の打撲が多くなった

●頻繁な鼻血

診断



●病歴

●臨床兆候

●CBC

治療



※原因を究明することが重要

※支持療法

新鮮凍結血漿とヘパリンの投与。

予後



●結果は、血小板数の低下を引き起こしている疾患によって異なります。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280