家禽の捕食者 ~ ヘビ編(日本および欧米)


ヘビの被害



ヘビは家禽が飼われている場所でよく見られる捕食者で、毒ヘビも無毒ヘビも、たくさんの種類のヘビがいます。大型個体は家禽や家畜だけでなく、自分自身や家族に害を及ぼす可能性があります。


ヘビは主に卵に引き寄せられます。彼らはまた、最も頑丈に保護された鶏小屋に侵入する名人でもあります。非常に柔軟な骨格のおかげで、蛇が通り抜けられるとは考えられないような穴を通り抜けることができます。


鳥の大きさやヘビの大きさにもよりますが、ヘビは群れの一部、特に矮鶏くらいの大きさの種やヒナを捕食することがあります。ヘビの顎の骨は独特なため、口を非常に大きく開き、それぞれの顎を独立して動かすことができます。このようにして、ヘビは自分の体よりも大きな獲物を飲み込むことができるのです。

ヘビの攻撃を防ぐ方法



侵入経路をを排除する:サイズが0.6cmを超えるすべての開口部は、密閉して閉じる必要があります。ドアや窓の角、水道管や電気設備の入り口付近を点検します。


扉:使用しないときは、すべての門をしっかりと閉じておく必要があります。


フェンスのメンテナンス:定期的に点検して、フェンスの下に穴が開いていないこと、外に物が積み重ねられていないことを確認します。


景観の維持:定期的に草刈りをして高さを抑える。


蛇の隠れ場所を取り除く:木の杭、板、岩の杭、蛇が下に隠れる可能性のあるすべてのアイテムを取り除きます。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280