家禽の捕食者 ~ スカンク編(欧米)


スカンクの被害



スカンクは鋭い曲がった爪のおかげで非常によく掘れます。一般的には登らず、柵の下を這ったり、下を掘って家禽に近づきます。彼らは一羽か二羽の鳥を殺して、卵を食べます。卵は通常、殻の破片を内側に押し込んで片方の端で押しつぶされています。


スカンクは夜間に活動することが多いため、多くの人はスカンクが近くに住んでいることに気づかない。犬の吠え声は、スカンクの存在を示す最初の明白な兆候かもしれないし、スカンクと犬の対立の結果として生じる臭気は、明らかな証拠となります。


外観:スカンクの大きさは、40~94cm、重さ約0.50キログラム (マダラスカンク)~8.2キログラム (ブタバナスカンク)です。


スカンクが放つ匂いは尾の付け根には2つの内分泌腺があり、硫黄化合物を含む揮発性の油状の濃い液体をつくることができます。スカンクは、スプレーを吹きかける直前に、威嚇ダンスの一種を行いスカンクが尻尾を上げると、最大6メートルまでスプレーできます。


繁殖:スカンクは主に暖かい時期に活動し、春の半ばから真夏にかけて出産します。冬の寒さの間、スカンクは活動していませんが、冬の終わりに交尾します。


生息地:スカンクは、伐採地、牧草地、森林との境界にある開けた土地に住んでいて、建物の下、木材や岩の下で、地面に巣穴を掘っています。


スカンクは家禽の群れにとって脅威となりえ、米国では狂犬病を媒介することもあります。米国内で記録された狂犬病の症例数では、スカンクはアライグマに次いで2番目です。

スカンクの攻撃を防ぐ方法



※夜間は家禽を安全な場所に入れる。


スカンクが囲いの下を掘って家禽に近づくのを防ぐ:地面の下に40cm~60cmの柵を埋める。


環境の改善:植え込みや芝生の手入れ。落ちた果物を拾って、雑草を刈り取ってください。また、巣穴に使われそうな岩や木杭を取り除きましょう。小屋、外構、空き建物の下には、しっかりと板で囲い、立ち入らないようにします。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
広告336×280