家禽の捕食者 ~ フクロウ編(欧米の場合)


フクロウ被害



フクロウは、ハヤブサ、タカ、ワシ、トビ、ミサゴなどと並んで猛禽類と呼ばれています。フクロウはほとんど夜行性で、大きな頭と前を向く大きな目を持っています。


フクロウには多くの種類がありますが、アメリカワシミミズク(Bubo virginianus)は北米で最も広く分布している猛禽類で、家禽類を含む小型から中型の鳥類や哺乳類を狩って食べたりしています。


また、ニワトリ、七面鳥、アヒル、ガチョウ、ハトなども被害を受けやすい。


フクロウは通常、1日に1羽しか殺さない。フクロウに襲われた鳥は、頭がなく、胴体から羽毛をむしり取られていることがよくあります。


フクロウは巣の下の地面に石灰質の白濁した小さな塊を残します。これは鳥の骨、羽毛、その他の未消化物の堆積物からなるペリットと呼ばれるものです。ペリットはまた、湿った虹色の光沢で覆われます。


規制法:フクロウは渡り鳥条約法 (16 USC 703-711) に基づいて連邦政府によって保護されています。これらの法律は、特別な許可なしにフクロウを捕獲、殺害、所有することを厳しく禁止しています。

フクロウの攻撃を防ぐ方法



防護:最も優れた防御策は、家禽を丈夫な柵で囲った囲いの中に入れ、日中は外で安心して遊んだりできるようにすることです。このような構造は、金網または同様のネットで全体を覆って構築することができます。


頭上の保護:大きなタカやフクロウによって加えられる重量と力を支えるのに十分な強度のパイプを組んで防鳥ネットを取り付けます。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
広告336×280