家禽の捕食者 ~ オポッサム編(欧米)


オポッサムの被害



オポッサムは、ネズミのような尻尾と先のとがった顔で知られる有袋類です。時々、彼らはサイズが似ているために大きな猫と間違えられます。オポッサムは鼻から尾の先端まで平均(53から91cm)の長さに成長します。


オポッサムの重さは1.8kgから6.8kgです。オポッサムは夜行性で、夜間に最も活発に活動し、日中は地下や木の中、巣穴や巣穴に隠れます。オポッサムの成獣は孤立性の傾向があります。


生息場所:オポッサムは、車庫、建物の基礎、巣穴の中、中空の丸太、小屋、岩の割れ目、煙突、屋根裏、ときにはリスの巣などに巣を作ります。


捕食者を避けるために、オポッサムは数日ごとに別の巣に移動します。夜になると、オポッサムは現在の巣穴の近くで採餌するが、餌を求めて最大3kmも移動する場合があります。


行動:オポッサムは、潜在的に脅威にさらされている、または危険にさらされていると感じると、特徴的な死んだふりをして、病気や死んだ動物の外観や匂いを模倣します。


また、彼らは口から唾液を泡立たせ、肛門腺から悪臭のする液体を分泌します。数分または数時間で、オポッサムは意識を取り戻し、静かに逃げます。


オポッサムに関連する規制法:オポッサムが保護されている可能性があるので、防除対策を行う前に現地の規制を確認しましょう。

オポッサム攻撃を防ぐ方法



ゴミを出さない:オポッサムはペットフード、ゴミ箱、鳥の餌、鶏小屋に引き付けられます。ロープ、チェーン、重しなどで固定して、ゴミ箱のふたをしっかり閉めましょう。


転倒を防ぐために、側面の持ち手を地面に打ち込んだ金属製または木製の杭に固定します。またゴミ箱は、小屋、ガレージなどに保管しておきましょう。ゴミ箱は、オポッサムが休息地に戻った後、回収のために出してください。


居住する可能性のある場所を排除する:煙突、屋根裏、建物の下のスペースへの通路を遮断、すべての開口部にスチール製の金網を取り付けます。


木や低木の切り落とし:屋根や家禽類の囲いから3メートル以内にぶら下がっている木の枝を切り落として、オポッサムが木に登って飛び降りるのを防ぎます。オポッサムは木登りが上手で、3メートルまでジャンプできます。


侵入ポイントの排除:夜間、オポッサムが鶏が寝ている鳥小屋に近づくのを防ぐために、鶏小屋にはきちんと取り付けられたドアとしっかりと固定されたロック機構を装備してください。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
広告336×280