家禽の捕食者 ~ コヨーテ編(欧米)


コヨーテの被害



コヨーテは家禽類の一般的な捕食者です。イヌ科の仲間で、犬やオオカミ、キツネの仲間です。大人のコヨーテの体重は約13キログラムで、体高は58から66センチメートル、長さは1メートルから1.3メートルです。


小型犬やキツネと間違われることが多く、都市部でも農村部でも昼間や夜間に多く見られるようになりました。コヨーテはゴミあさりをして、見つけたものは何でも食べます。


コヨーテは視力と聴力が良く、嗅覚が非常に発達しています。短距離なら時速60キロメートル/時までのスピードで走り、かなり広いホームレンジ(5kmから50kmまで)上を移動します。


コヨーテは、ジャンプ、登ったり、フェンスの下を掘ったりすることができます。また、コヨーテは家禽とその卵を食べます。コヨーテの典型的な攻撃行動は、あごの後ろで鳥の喉をつかむことで、被害者は通常、のどの部分に刺し傷を負います。


生息地:コヨーテは、森林地帯や野原、海岸、砂漠から都市環境まで、あらゆる生息地に生息しています。雨よけ用の排水溝、空き地や公園、ゴルフ場など、暗く乾燥した場所に巣を作ります。


行動:コヨーテは単独またはペアで移動して狩りをする傾向があります。個体群密度が増加したり、食物が豊富な場所では、集団を形成することもある。家族、グループは夏から初秋まで一緒にいます。

コヨーテの攻撃を防ぐ方法



誘引物質の除去:コヨーテは鳥や齧歯類に誘引されるので、野鳥に餌を与えない。強固なゴミ容器を使用する。コヨーテや獲物の隠れ場所となる地上部の低木や枝を刈り取るか、取り除く。家禽類は常に安全な囲いに入れておく。


囲いの高さ:コヨーテが飛び越さないように、フェンスの高さは1.8メートル以上にする必要があります。


掘削を防止:フェンスは、地面に沿って少なくとも60センチまたは外側に60センチ埋め、地面にしっかりと固定する必要があります。


電気柵を設置する。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280