家禽の捕食者 ~ 猫編


猫被害



家ネコおよび野生ネコは家禽、特に幼雛または小型の鶏種の捕食者です。ネコが獲物を殺して食べる方法(あなたの鳥)は、鳥の大きさと年齢によって異なります。


ヒナが襲われると、普通は猫がヒナを丸ごと食べてしまいます。ネコは成体のニワトリ(可能性は低いですが)を殺し、体の一部をばらまくこともあります。また、成長期の若い鳥は羽と羽だけが残っていることがあります。


ネコは引っ込めることのできる爪、鋭い歯、長い髭を持ち、聴覚と視覚が鋭い俊敏な捕食者です(特に夜に)。ネコの体重は通常2.5~7kgです。


野良猫は、飼い猫 (ペット) と外見はほとんど変わらず、さまざまな毛並みをしています。ネコは通常夜行性であり、夜間に活動します。


また、彼らは朝早く起きて “遊びの時間”を持ちます。


猫は首の後ろを噛むことで獲物を殺します。雌猫は生きた獲物を若い猫に持ち帰り、獲物の取り方を教えます。獲物を殺した後に家禽を運ぶことが多く、昼夜を問わず殺します。


猫が大型の鳥を殺すことはほとんどありませんが、襲うと擦り傷の形で怪我をすることがあります。


注:猫はパスツレラ・ムルトシダの保因者であることが知られています。猫で負傷した家禽は、致命的な敗血症と死亡を防ぐために抗生物質による迅速な治療が必要です。

パスツレラ症 ~ 4週齢以上のアヒルは4週齢未満のアヒルよりもパスツレラ症を発症しやすい
    パスツレラ症は、世界中の野生および家禽において重要な疾患です。パスツレラ症はグラム…

猫の攻撃を防ぐ方法



天井の設置:開口部が2.5インチ(6.4cm)より小さい金網を使用します。

アモキシシリン(Amoxicillin) ~ 咬傷やひっかき傷によるパスツレラ症(家禽コレラ)の予防に役立つ
    アモキシシリンはペニシリン系の広域抗生物質です。通常、特定のグラム陽性菌による一部…