家禽の捕食者 ~ 熊編(日本および欧米)


熊の被害



クマは通常、昼行性の単生哺乳類ですが、多くの場合、夜間や薄暮の住宅地近くでも最も活動的です。熊は嗅覚に優れ、非常に速く、登山や水泳も得意です。洞穴や巣穴を利用して、冬の間は長い冬眠期間を過ごします。


クマの問題のほとんどは、春、夏、晩秋に起こります。この時期になると、自然の食物源が減少し、クマが他の場所で食物を探すようになります。6月から8月がクマの繁殖期で、オスが仲間を探して歩き回る時期です。

クマの攻撃を防ぐ方法



フェンスの材質:頑丈な鎖または編み込まれた金網を使用します。


フェンスの高さ:高さ2.4メートル以上が必要です。


掘り起こし防止:フェンスを地面から0.6m下に埋めて対策します。


上昇防止:フェンスの上部に外向きの角度で金属製の延長バーを取り付け、有刺鉄線と電気柵を取り付けます。


熊が寄り付かないように、ゴミ箱を放置しない、果実や木の実をつける樹木や低木を撤去する。また、コップ1杯のアンモニアをゴミ箱の底かその近くに置いておきます。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280