家禽の捕食者 ~ アリゲーター編(欧米の場合)


ワニ被害



ワニは、米国南部のような温暖な気候の湿地に隣接して住んでいる家禽飼育者にとって問題になる可能性があります。春から夏にかけて最も活発に活動し、気温が13度を下回ると休眠状態に入ります。


ワニは肉食動物で、すぐに手に入る生き物なら何でも食べます。通常、魚、哺乳動物、カメ、鳥や他のワニが含まれますが、彼らはまた、家畜やペット、完全に成長した牛や馬を殺すことで知られています。


ワニは体が重く代謝が遅いが、特に非常に短い距離、早い速度で飛ぶことができます。


ワニは主に、ワニがよく見られる水辺の近くに住んでいる家禽の飼い主にとって心配の種です。それらは、ラグーン、池、小川、運河、湖、沿岸貯水池、沼、河川、沼、水路など、ほとんどすべての種類の淡水に見られます。


主に夕暮れ時や夜間に獲物を探します。ワニは動かずに横たわり、静かに獲物を待ち構えています。

ワニの攻撃を防ぐ方法



最高水位標から1メートル以上の高さのコンクリートまたは木製の隔壁を建設します。


フェンスの高さは少なくとも1.5メートルで、10cmのワイヤーメッシュがあり、上部が外側に傾いている必要があります。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
広告336×280