テトラメレス属(Tetrameres spp) ~ テトラメレス症



テトラメレス属:Tetrameres spp.は、小型の寄生回虫で、ニワトリ、七面鳥、ハト、ホロホロチョウ、アヒル、キジ、ウズラなどの前胃に寄生します。


家禽に感染するのはT.americanaとT.fissispinaの2種です。


ライフサイクル:Tetrameres spp.のライフサイクルは間接的です。鳥類はバッタ、ゴキブリ、ミミズ、ミジンコなどの中間宿主の摂取によって感染します。


雌のTetrameres成虫は、宿主の腸内で胚化した卵を産みつけ、糞中に排出され、中間宿主は環境から虫卵を摂取し、数時間後に幼虫を放出します。


これらの幼虫は約7週間で感染性のL3幼虫に発育し、中間宿主の体内で被嚢化します。


Tetrameres線虫の潜伏期間(感染から最初の産卵までの時間)は、線虫種および宿主によって7~8週間です。


診断:診断は、糞便検査を介して糞便中のTetrameresの卵の検出に基づいています。


治療:四鉤虫に有効な駆虫薬には、ベンズイミダゾール系(アルベンダゾール、フェンベンダゾール、フルベンダゾール、メベンダゾール、オキシフェンダゾール)、レバミゾール、イベルメクチン、ピペラジンなどがあります。

分類



目:桿線虫目(Rhabditida)

科:テトラメレス科(Tetrameridae)

属:テトラメレス(Tetrameres)

宿主



●鶏

●七面鳥

●ハト

●ホロホロチョウ

●アヒル

●キジ

●ウズラ

関連疾患



●テトラメレス症

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)