牛の破傷風(Tetanus) ~ 強力な神経毒によって引き起こされる致死率の高い疾患



破傷風は、嫌気性の芽胞形成細菌であるクロストリジウム・テタニ(破傷風菌)(Clostridium tetani)が作り出す強力な神経毒によって引き起こされる致死率の高い疾患です。


これらの細菌は、牛やその他の動物、人間の腸管や糞便に存在し、土壌、特に糞便で大きく汚染された土壌に遍在しています。


伝播:牛の感染部位として最も多いのは、軟部組織の損傷(手術を含む)と足の穿刺傷です。


潜伏期間:潜伏期間は通常1~3週間ですが、数ヶ月かかることもあります。


症状の重症度と病気の進行速度は、牛の年齢や大きさ、毒素の量によって異なります。


破傷風は治療費が高く、死亡率も高いため、すべての牛にコアワクチン接種の一環として破傷風トキソイドを用いた積極的な予防接種を行う必要があります。

症状



●顔面筋の緊張によって口を開けにくくなる

●全身の筋肉の緊張・硬直

●発作的にけいれん

●呼吸困難

治療



※破傷風抗毒素の注射

※筋攣縮の制御

※一般的な支持療法

予防



ワクチン接種

予後



※ほとんどの場合致命的

キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280