条虫類一覧

豚嚢虫症(症状・予防) ~ 発熱、発育障害、食欲不振、嚥下障害、腹部膨満、呼吸困難、跛行、運動障害などが一般的な症状

高度寄生を除いて多くは症状は不明です。発熱、発育障害、食欲不振、嚥下障害、腹部膨満、呼吸困難、跛行、運動障害などが一般的な症状です。 寄生部位...

記事を読む

包虫症(症状・予防) ~ 主なる部位が肝臓と肺なのでこれらの臓器障害が現れます

症状は包虫の占居臓器、大きさ、数によって異なりますが、主なる部位が肝臓と肺であるから、これらの臓器障害が現れます。 包虫が肝臓に形成されて症状...

記事を読む

共尾虫症(症状・予防) ~ 感染後1~3週間に体温上昇、脳膜炎、脳炎の症状をみることがあります

感染後1~3週間に体温上昇、脳膜炎、脳炎の症状をみることがあります。嚢虫が発育して中枢神経を圧迫するようになり、感染後6~8ヵ月にかけて、進行性の神経症...

記事を読む

細頸嚢虫症(症状・予防) ~ 子豚、子羊、子牛などに多数感染をみると、肝嚢虫症がみられ、肝障害、急性腹膜炎から、抑うつ状態、食欲不振、衰弱、腹水などの症状がみられる

軽度感染では病害もわずかであり臨床上問題となりません。一般にと畜場で検出されます。 子豚、子羊、子牛などに多数感染をみると、肝嚢虫症(hepa...

記事を読む

牛嚢虫症(症状・予防) ~ 主要症状は採食・嚥下障害、運動障害、呼吸困難、心筋寄生から心不全など

多くの感染牛は生前にほとんど症状がなく、剖検後にはじめて寄生を知るのが実態であり、臨床状問題になることはほとんどない。 重度の感染によって特殊...

記事を読む

家禽(鶏・ウズラ)の条虫症(症状・予防) ~ 重度寄生において、特に幼雛では症状が激しい

家禽には真条虫類だけが寄生し、二葉類はみられない。分類学的にはダベン条虫、膜鱗条虫科、二孔条虫科に属します。 症状は、寄生数、鶏の年齢、栄養状...

記事を読む

猫の条虫症(症状・予防) ~ 多数寄生で、特に幼猫においては慢性腸炎などの症状が認められる

健康な成猫では一般に激しい症状を表すことはありません。しかし、多数寄生で、特に幼猫においては、慢性腸炎の結果、食欲不振、下痢、便秘、削痩、発育不良、被毛...

記事を読む

犬の条虫症(症状) ~ 元気なく抑うつ状態、食欲不振、ときに亢進する

症状の発現は寄生の程度、動物の年齢や状態によって異なります。一般に健康な成犬では無症状に経過するものが多く、明瞭な症状をみることは少ない。 多...

記事を読む

反芻獣の条虫症(症状) ~ 幼獣、特に6ヶ月齢以下のものには被害が大きい

拡張条虫はめん羊、山羊に、ベネデン条虫は牛に主として寄生が見られます。Moniezia属条虫の寄生では、成獣には明瞭な症状をみないが、幼獣、特に6ヶ月齢...

記事を読む

馬の条虫症の症状 ~ 寄生率は幼齢馬、特に放牧子馬に高い

軽度寄生では一般に無症状ですが、重度寄生によって食欲不振、抑うつ、消化障害、貧血、削痩、栄養不良、間歇性疝痛、血液が混じった粘液便の排泄がみられます。 ...

記事を読む

小形条虫 ~ ネズミとヒト(幼児)の小腸に寄生

小形条虫(Hymenolepis nana)、虫体は10~25 x 0.5~1.0mmの小形の条虫で体節数は約200個、頭節に小鉤のある額嘴があります。...

記事を読む

縮小条虫 ~ 本来、ネズミに寄生しますが、ヒト、特に幼児の小腸に寄生

縮小条虫(Hymenolepis diminuta)、膜麟条虫科に属し、虫体は20~30cm x 3~4mm、片節数が600~1,300個の条虫です。頭...

記事を読む

無鉤条虫 ~ ヒトの小腸、十二指腸末部より約50cmのところに寄生

無鉤条虫(Taenia saginata)、虫体は4~14(平均7.7)m x 12~14mm、片節数は約2,000個に達する非常に大形の条虫です。 ...

記事を読む

有鉤条虫 ~ヒトの小腸に寄生

有鉤条虫:テニア・ソリウム(Taenia solium)、条虫科に属する非常に大形の条虫で、体長2~8m、体幅7~8mm、体節数は、800~900個に達...

記事を読む

ウズラ条虫 ~ ウズラの小腸上部(空腸)に寄生

ウズラ条虫:メトロリアステス・コトルニクス(Metroliasthes coturnix)、二孔条虫科に属し、虫体の体長は50~200mm、成熟片節は長...

記事を読む

楔形条虫 ~ 鶏の小腸上部、特に十二指腸に寄生

楔形条虫:アメボタニア・スフィノイデス(Amoebotaenia sphenoides)、二孔条虫科に属する非常に小形の条虫です。全形が楔(くさび)形で...

記事を読む

鶏膜様条虫 ~ 鶏、七面鳥、ウズラの小腸に寄生

鶏膜様条虫(Hymenolepis(Weinlandia)carioca)、膜麟条虫科に属し、虫体が90~120 x 0.5~1.2mmの細い条虫です。...

記事を読む

橿原条虫 ~ 鶏などに寄生する

橿原条虫:ライリエティナ・カシワレンシス(Raillietina (Paroniella) kashiwarensis)、虫体は200~300 x 2~...

記事を読む

有輪条虫 ~ 鶉鶏目などの回腸に寄生します

有輪条虫(ライリエティナ・セスティシルス:Raillietina cesticillus)、虫体は、90~160 x 1.5~2.5mm、片節数は400...

記事を読む

棘溝条虫(結節条虫)~ 鶏をはじめ鶉鶏目の鳥類の回腸に寄生します

棘溝条虫(結節条虫)(ライリエティナ・エヒノボトリダ:Raillietina echinobothrida)、前種(方形条虫)に似て大形で、虫体は250...

記事を読む

方形条虫 ~ 鶏をはじめウズラ、クジャク、七面鳥、その他の鶉鶏目の鳥類で、小腸(おもに回腸)に寄生

方形条虫(ライリエティナ・テトラゴーナ:Raillietina tetragona)、ダベン条虫科に属し、虫体は250~335 x 2~4mm、片節数5...

記事を読む

猫条虫 ~ ネコ科とイタチ科の動物の小腸に寄生します

猫条虫(Taenia taeniaeformis)、本種も条虫科に属しますが、額嘴が明らかで鉤がおおきいこと、吸盤が突出すること、頸部がなく頭節の直後か...

記事を読む

多包条虫 ~ 犬とキタキツネの小腸上部に寄生します

多包条虫(Echinococcus multilocularis)、前種(単包条虫)に似ていますが、より小形(体長1.5~4.5mm)で片節は2~5個(...

記事を読む

単包条虫 ~ 主にイヌ科(特に犬)の動物の小腸に寄生します

単包条虫(Echinococcus granulosus)、頭節に額嘴があり、そこに2列の鉤がある点ではTaenia属と同じですが、成虫がきわめて小形(...

記事を読む

連節条虫 ~ 犬、キツネ、ジャッカルなどイヌ科動物の小腸に寄生

連節条虫(テニア・シリアリス:Taenia serialis)、虫体は20~75 x 3~5mm、成熟片節は長さより幅が大きく、8~16 x 3~5mm...

記事を読む

多頭条虫 ~ イヌ科動物の小腸に寄生

多頭条虫(Taenia multiceps)、嚢虫は共尾虫であることから別属Multicepsに入れられることがありますが、成虫は他のTaenia属のも...

記事を読む

胞状条虫 ~ 犬、オオカミ、キツネ、猫、テンなどの小腸に寄生します

胞状条虫(Taenia hydatigena)、条虫科に属し、体長75~500cm、体幅5~7mm、片節数は600~700個、前種(豆状条虫)と同様に頭...

記事を読む

豆状条虫 ~ 犬科と猫科の動物の小腸に寄生します

豆状条虫(Taenia pisiformis)、条虫科に属します。虫体は30~200cm x 4~7mm、片節数は約400個、Taenia属の種では、頭...

記事を読む

瓜実条虫 ~ 宿主は犬と猫で、まれにヒトにもみられます

瓜実条虫(Dipylidium caninum)、二孔条虫科に属し、長さ15~80cm、最大幅は2~3mです。片節、特にストロビラ後半部の片節は、7 x...

記事を読む

Mesocestoides paucitesticulus ~ 犬、キツネ、タヌキの小腸に寄生

Mesocestoides paucitesticulus(メソセストイデス・パカシテスティクルス)、虫体は102~120cm x 3.2~4.0mmで...

記事を読む

有線条虫 ~ 宿主はキツネがふつうで、犬、猫、イタチなどにも寄生

有線条虫(メソセストイデス・リネアタス:Mesocestoids lineatus)、中擬条虫科の条虫は真条虫類の中では特異な形態的および発育上の特徴を...

記事を読む

Avitellina centripunctata ~ めん羊、ヤギ、牛、レイヨウの小腸に寄生します

Avitellina centripunctata(アビテリナ・セントリパンクタータ)、虫体は細くて長い(2~3m x 3mm)、Moniezia属に似...

記事を読む

Stilesia hepatica ~ 牛、水牛、めん羊、ヤギ、レイヨウ、ラクダなどの胆管に寄生

Stilesia hepatica(スティレシア・ヘパティカ)、細い中形(20~50cm x 2mm)の条虫で、頭節は細く、こん棒状で吸盤はおおきい。 ...

記事を読む

Thysaniezia giardi ~ 反芻獣(めん羊、ヤギ、牛、レイヨウなど)、ときに豚の小腸に寄生

Thysaniezia giardi(ササニエジア・ジアルジ)は、Helictometra giardiともいわれ、虫体は細くて長い(1~2m x 1c...

記事を読む

Thysanosoma actinioides ~ 反芻獣(めん羊、ヤギ、鹿、牛など)の胆管および小腸の胆管開口部に寄生します

Thysanosoma actinioides:ササノソーマ・アクチニオイデス(fringed tapeworm)、虫体は15~35cm x 8mm、頭...

記事を読む

ベネデン条虫 ~ めん羊、ヤギよりも牛におおく、小腸に寄生します

ベネデン条虫(Moniezia benedeni)、虫体は、拡張条虫より大きく、幅が広い(1~4m x 20~26mm)、拡張条虫との区別点は、頭節が大...

記事を読む

スポンサーリンク
336×280