条虫類一覧

小形条虫 ~ ネズミとヒト(幼児)の小腸に寄生

小形条虫(Hymenolepis nana)、虫体は10~25 x 0.5~1.0mmの小形の条虫で体節数は約200個、頭節に小鉤のある額嘴があります。...

記事を読む

縮小条虫 ~ 本来、ネズミに寄生しますが、ヒト、特に幼児の小腸に寄生

縮小条虫(Hymenolepis diminuta)、膜麟条虫科に属し、虫体は20~30cm x 3~4mm、片節数が600~1,300個の条虫です。頭...

記事を読む

無鉤条虫 ~ ヒトの小腸、十二指腸末部より約50cmのところに寄生

無鉤条虫(Taenia saginata)、虫体は4~14(平均7.7)m x 12~14mm、片節数は約2,000個に達する非常に大形の条虫です。 ...

記事を読む

有鉤条虫 ~ヒトの小腸に寄生

有鉤条虫:テニア・ソリウム(Taenia solium)、条虫科に属する非常に大形の条虫で、体長2~8m、体幅7~8mm、体節数は、800~900個に達...

記事を読む

ウズラ条虫 ~ ウズラの小腸上部(空腸)に寄生

ウズラ条虫:メトロリアステス・コトルニクス(Metroliasthes coturnix)、二孔条虫科に属し、虫体の体長は50~200mm、成熟片節は長...

記事を読む

楔形条虫 ~ 鶏の小腸上部、特に十二指腸に寄生

楔形条虫:アメボタニア・スフィノイデス(Amoebotaenia sphenoides)、二孔条虫科に属する非常に小形の条虫です。全形が楔(くさび)形で...

記事を読む

鶏膜様条虫 ~ 鶏、七面鳥、ウズラの小腸に寄生

鶏膜様条虫(Hymenolepis(Weinlandia)carioca)、膜麟条虫科に属し、虫体が90~120 x 0.5~1.2mmの細い条虫です。...

記事を読む

橿原条虫 ~ 鶏などに寄生する

橿原条虫:ライリエティナ・カシワレンシス(Raillietina (Paroniella) kashiwarensis)、虫体は200~300 x 2~...

記事を読む

有輪条虫 ~ 鶉鶏目などの回腸に寄生します

有輪条虫(ライリエティナ・セスティシルス:Raillietina cesticillus)、虫体は、90~160 x 1.5~2.5mm、片節数は400...

記事を読む

棘溝条虫(結節条虫)~ 鶏をはじめ鶉鶏目の鳥類の回腸に寄生します

棘溝条虫(結節条虫)(ライリエティナ・エヒノボトリダ:Raillietina echinobothrida)、前種(方形条虫)に似て大形で、虫体は250...

記事を読む

方形条虫 ~ 鶏をはじめウズラ、クジャク、七面鳥、その他の鶉鶏目の鳥類で、小腸(おもに回腸)に寄生

方形条虫(ライリエティナ・テトラゴーナ:Raillietina tetragona)、ダベン条虫科に属し、虫体は250~335 x 2~4mm、片節数5...

記事を読む

猫条虫 ~ ネコ科とイタチ科の動物の小腸に寄生します

猫条虫(Taenia taeniaeformis)、本種も条虫科に属しますが、額嘴が明らかで鉤がおおきいこと、吸盤が突出すること、頸部がなく頭節の直後か...

記事を読む

多包条虫 ~ 犬とキタキツネの小腸上部に寄生します

多包条虫(Echinococcus multilocularis)、前種(単包条虫)に似ていますが、より小形(体長1.5~4.5mm)で片節は2~5個(...

記事を読む

単包条虫 ~ 主にイヌ科(特に犬)の動物の小腸に寄生します

単包条虫(Echinococcus granulosus)、頭節に額嘴があり、そこに2列の鉤がある点ではTaenia属と同じですが、成虫がきわめて小形(...

記事を読む

連節条虫 ~ 犬、キツネ、ジャッカルなどイヌ科動物の小腸に寄生

連節条虫(テニア・シリアリス:Taenia serialis)、虫体は20~75 x 3~5mm、成熟片節は長さより幅が大きく、8~16 x 3~5mm...

記事を読む

多頭条虫 ~ イヌ科動物の小腸に寄生

多頭条虫(Taenia multiceps)、嚢虫は共尾虫であることから別属Multicepsに入れられることがありますが、成虫は他のTaenia属のも...

記事を読む

胞状条虫 ~ 犬、オオカミ、キツネ、猫、テンなどの小腸に寄生します

胞状条虫(Taenia hydatigena)、条虫科に属し、体長75~500cm、体幅5~7mm、片節数は600~700個、前種(豆状条虫)と同様に頭...

記事を読む

豆状条虫 ~ 犬科と猫科の動物の小腸に寄生します

豆状条虫(Taenia pisiformis)、条虫科に属します。虫体は30~200cm x 4~7mm、片節数は約400個、Taenia属の種では、頭...

記事を読む

瓜実条虫 ~ 宿主は犬と猫で、まれにヒトにもみられます

瓜実条虫(Dipylidium caninum)、二孔条虫科に属し、長さ15~80cm、最大幅は2~3mです。片節、特にストロビラ後半部の片節は、7 x...

記事を読む

Mesocestoides paucitesticulus ~ 犬、キツネ、タヌキの小腸に寄生

Mesocestoides paucitesticulus(メソセストイデス・パカシテスティクルス)、虫体は102~120cm x 3.2~4.0mmで...

記事を読む

有線条虫 ~ 宿主はキツネがふつうで、犬、猫、イタチなどにも寄生

有線条虫(メソセストイデス・リネアタス:Mesocestoids lineatus)、中擬条虫科の条虫は真条虫類の中では特異な形態的および発育上の特徴を...

記事を読む

Avitellina centripunctata ~ めん羊、ヤギ、牛、レイヨウの小腸に寄生します

Avitellina centripunctata(アビテリナ・セントリパンクタータ)、虫体は細くて長い(2~3m x 3mm)、Moniezia属に似...

記事を読む

Stilesia hepatica ~ 牛、水牛、めん羊、ヤギ、レイヨウ、ラクダなどの胆管に寄生

Stilesia hepatica(スティレシア・ヘパティカ)、細い中形(20~50cm x 2mm)の条虫で、頭節は細く、こん棒状で吸盤はおおきい。 ...

記事を読む

Thysaniezia giardi ~ 反芻獣(めん羊、ヤギ、牛、レイヨウなど)、ときに豚の小腸に寄生

Thysaniezia giardi(ササニエジア・ジアルジ)は、Helictometra giardiともいわれ、虫体は細くて長い(1~2m x 1c...

記事を読む

Thysanosoma actinioides ~ 反芻獣(めん羊、ヤギ、鹿、牛など)の胆管および小腸の胆管開口部に寄生します

Thysanosoma actinioides:ササノソーマ・アクチニオイデス(fringed tapeworm)、虫体は15~35cm x 8mm、頭...

記事を読む

ベネデン条虫 ~ めん羊、ヤギよりも牛におおく、小腸に寄生します

ベネデン条虫(Moniezia benedeni)、虫体は、拡張条虫より大きく、幅が広い(1~4m x 20~26mm)、拡張条虫との区別点は、頭節が大...

記事を読む

拡張条虫 ~ 宿主は反芻獣で、めん羊、ヤギが主で、牛には少ない

拡張条虫(Moniezia expansa)、虫体は乳白色で6m x 16mmに達しますが、1m x 12mmくらいのものがおおい。 頭節はほ...

記事を読む

乳頭条虫 ~ 馬、ラバの小腸、特に空腸、回腸ときには胃に寄生します

乳頭条虫(パラノプロセファーラ・マミラーナ:Paranoplocephala mamillana)、小形(6~50 x 4~6mm)で、Anoploce...

記事を読む

大条虫 ~ 馬のほか、ロバ、ラバ、シマウマの小腸に寄生

大条虫(アノプロセファーラ・マグナ:Anoplocephala magna)、虫体は35~800 x 8~50mm、前種(葉状条虫)に似ていますが、より...

記事を読む

葉状条虫 ~ 馬、ロバ、ラバ、シマウマの盲腸、結腸、ときに回腸下部に寄生

葉状条虫(アノプロセファラ・ペルフォリアータ:Anoplocephala perfoliata)、体は20~80 x 3~15mm(厚さは平均2.5mm...

記事を読む

大複殖門条虫 ~ 海産哺乳類(クジラなど)の腸に寄生

大複殖門条虫(ディプロゴノポルス・グランディス:Diplogonoporus grandis)、非常に大形で体長10m以上、体幅2.5cmに達し、肉厚く...

記事を読む

広節裂頭条虫 ~ 終宿主はヒトのほか、犬、猫、ヒグマなどの魚食性の哺乳類ですが、犬、猫では虫体の発育が悪く、受精虫卵の排出は少ない。小腸に寄生

広節裂頭条虫(ジフィロボトリウム・ラツム:Diphyllobothrium latum)、成虫は長さ10m、幅2cmに達しますが、宿主の種によって差があ...

記事を読む

マンソン裂頭条虫 ~ 犬、猫、その他の肉食獣まれにヒトの小腸に寄生

マンソン裂頭条虫(Spirometra erinacei)、Diphyllobothrium erinacei,D.mansoniなどと呼ばれ、多くの同...

記事を読む

スポンサーリンク
336×280