一覧

落葉状天疱瘡(Pemphigus Foliaceus) ~ 表皮表層部の剥離により皮膚にびらんが形成される自己免疫性水疱性疾患

落葉状天疱瘡(PF)は、剥離性皮膚炎を特徴とする自己免疫性の水疱性皮膚疾患です。この疾患は、自己抗体が馬の上皮細胞の細胞膜に反発するII型過敏症の結果で...

記事を読む

馬の白線病(White Line Disease) ~ 蹄に構造的な障害を与える疾病

白線病(WLD)とは、馬の足の白線における蹄壁と足底が分離することで、原因は角質溶解性真菌です。白線は馬の蹄の壁と蹄底の角をつなぐもので、馬のWLDの発...

記事を読む

蹄叉腐爛(Thrush) ~ 蹄叉の感染および壊死を起こす疾患

蹄叉腐爛は、馬の蹄(特に蹄叉)によく見られる細菌感染症です。 この感染症を引き起こす細菌、フソバクテリウム・ネクロフォーラム:(Fusobac...

記事を読む

側副軟骨骨化症(Sidebone) ~ 蹄骨の側副軟骨が石灰化から骨化を起こす疾患

側副軟骨骨化症とは、蹄骨の側副軟骨が石灰化から骨化を起こす疾患です。 この疾患は、ヘビードラフト種、コブ種、アイスランド種、および足のバランス...

記事を読む

挙踵(Sheared Heels) ~ 蹄踵の蹄冠部が上方に隆起したものを指し破行や裂蹄の原因となったりします

挙踵(きょしょう)とは、馬のかかと(多くの場合、内側のかかと)が他のかかとよりも直立して短くなり、他のかかとよりも先に地面を叩くことをいいます。 ...

記事を読む

側副軟骨壊死症(Quittor) ~ 蹄骨の側副軟骨が壊死を起こす疾患

側副軟骨壊死症は、蹄骨の側副軟骨の壊死と感染です。 側副軟骨壊死症は、蹄冠またはその直上の領域に慢性的な化膿性(時には断続的)の分泌物があるこ...

記事を読む

蹄骨炎(Pedal Osteitis) ~ 炎症によって蹄骨の脱灰が進行する疾患

蹄骨炎とは、蹄骨の炎症のことです。 また、それに起因する脱灰が進行する疾患であり、例えば蹄葉炎の既往のある馬、角壁腫、外科的インプラント、慢性...

記事を読む

舟状骨症候群(Navicular Syndrome) ~ 慢性進行性の蹄踵疼痛を生じる疾患

舟状骨症候群は、舟状骨疾患としても知られており、馬の蹄に影響を与える慢性的でしばしば進行性の疾患過程です。 具体的には、舟状骨(Navicul...

記事を読む

ネイルバインド(Nail Bind) ~ 蹄釘が馬の足の敏感な層に近すぎる状態を表すために使用される用語

ネイルバインドとは、蹄釘が馬の足の敏感な層に近すぎる状態を表すために使用される用語です。軽症例では、感受性の高い組織を圧迫すると軽度の疼痛および跛行が生...

記事を読む

蹄葉炎(Laminitis) ~ 蹄の内部の血液の循環が阻害されて蹄の内部に炎症および痛みが起こります

蹄葉炎は深刻な救急疾患であり、馬の死因としては疝痛に次いで2番目に多いものです。年齢、大きさ、品種、ケアのレベル、使用状況に関わらず、すべての馬が蹄葉炎...

記事を読む

角壁腫(Keratoma) ~ 蹄壁組織に円柱状の肥厚を生じる疾患

角壁腫は、馬の足の内側にできる蹄の良性腫瘍です。 通常は蹄冠の下、蹄壁と第3指骨の間のケラチン含有組織に由来します。病巣が深部に達した症例では...

記事を読む

裂蹄(Hoof Cracks) ~ 馬の蹄には様々な種類の亀裂が発生することがあります

馬の蹄には様々な種類の亀裂が発生することがあります。 蹄壁の亀裂の具体的な種類は、長さ(完全裂蹄または不完全裂蹄)、深さ(浅裂蹄または深裂蹄)...

記事を読む

蹄血班(Corn) ~ 軽度から中等度の前肢の跛行

蹄血班とは、馬の肢にできる打撲傷のことで、特に馬の足裏のバットレス部分(蹄壁と蹄支の間の角度)にできます。 この場所は一般的に「蹄支角」と呼ば...

記事を読む

蹄踵収縮(Contracted Heels) ~ 長期間の馬房休養、不十分な運動、過度の湿気、蹄と踵の不均衡な負荷バランス、不適切な装蹄

蹄踵収縮は、肢の内側と外側の臀部が通常よりも狭くなり、蹄が萎縮する可能性がある状態です。通常は前肢に発生しますが、馬の後肢にも発生することがあります。 ...

記事を読む

蹄癌(Canker) ~ 湿った不衛生な環境で生活する荷馬や輓馬に関連する慢性的な蹄の感染症

蹄癌は、増殖性足皮膚炎の一般的な名称であり、湿った不衛生な環境で生活する荷馬や輓馬に関連する慢性的な蹄の感染症です。 しかし最近では、衛生管理...

記事を読む

クラブフット(Club Foot) ~ 深屈腱が拘縮することによって蹄関節が屈曲した状態

クラブフットは、若い馬の遠位指節間関節(DIPJ)の先天的または後天的な屈曲変形であり、深部指屈筋腱の拘縮の結果、蹄が歪むことになります。 ク...

記事を読む

蹄膿瘍(Sole Abscess) ~ 蹄の知覚部に膿瘍を形成して急性の跛行を生じる疾患

蹄膿瘍は、蹄の知覚部に膿瘍を形成して急性の跛行を生じる疾患です。蹄底の下に膿が溜まった状態で、骨折した馬の重症度に似た、体重をかけない跛行が突然発症する...

記事を読む

蹄壁膿瘍(Hoof Wall Abscess) ~ 馬の重度の跛行の最も一般的な原因

蹄壁膿瘍は馬の重度の跛行の最も一般的な原因の一つであり、一晩または短期間で発生することがあります。蹄壁膿瘍は蹄の感染症であり、細菌が蹄壁の内部に侵入し、...

記事を読む

蹄骨骨折(Coffin Bone Fracture) ~ 罹患した馬の跛行の程度は骨折の場所によって異なります

蹄骨は、蹄骨、第3指骨、末節骨とも呼ばれます。四肢の最も体重の掛かる部分にある骨で、蹄の内側に内包されています。 蹄骨の骨折はいくつかの種類が...

記事を読む

蹄葉炎(Laminitis) ~ 有蹄類の蹄部で発生する有痛性の疾病のひとつ

蹄葉炎は、有蹄類の蹄部で発生する有痛性の疾病のひとつであり、馬や牛で発生が報告されています。 これは、牛の全身的な代謝障害の局所的な症状です。...

記事を読む

挫跖:ざせき(STONE BRUISE:Bruised Sole) ~ 痛みを伴う蹄の状態であり馬の跛行の原因となることがよくあります

挫跖(ざせき)は痛み(炎症)を伴う蹄の状態であり、馬の跛行の原因となることがよくあります。この症状は、蹄鉄を履いていたことがあり、最近蹄鉄を外した馬によ...

記事を読む

蹄底潰瘍(Sole Ulcer) ~ 体重の重い高泌乳牛での発生が多く大部分は蹄葉炎に続発します

蹄底潰瘍(ていていかいよう)は、過密で不衛生な環境で生活する乳牛に見られる重大な足の疾患です。 これは、蹄底と蹄踵の接合部の軸側寄りの真皮に出...

記事を読む

蹄のびらん(Heel Erosion) ~ 蹄球の角質表面にくぼみができ、それが多く繋がって溝となり割れ目となります

蹄のびらんは、蹄球の角質表面にくぼみができ、それが多く繋がって溝となり、割れ目となります。また、角質がパイ皮のように何層にも分離することもあります。 ...

記事を読む

趾皮膚炎(Digital Dermatitis) ~ 有痛性の蹄の病変を引き起こす細菌性皮膚感染症

趾皮膚炎 (DD) は、成乳牛に有痛性の蹄の病変を引き起こす細菌性皮膚感染症です。 過密で不衛生な状態で生活する乳牛にとって最も頻繁に問題とな...

記事を読む

スポンサーリンク
336×280