膿瘍一覧

角壁腫(Keratoma) ~ 蹄壁組織に円柱状の肥厚を生じる疾患

角壁腫は、馬の足の内側にできる蹄の良性腫瘍です。 通常は蹄冠の下、蹄壁と第3指骨の間のケラチン含有組織に由来します。病巣が深部に達した症例では...

記事を読む

ハト熱(Pigeon Fever) ~ 膿を伴う単発性または多発性の緩徐に発生する膿瘍を特徴とする細菌性疾患

ハト熱は、乳白色から緑色がかった色の膿を伴う単発性または多発性の緩徐に発生する膿瘍を特徴とする細菌性疾患です。 コリネバクテリウム・シュードツ...

記事を読む

腹部膿瘍(Abdominal Abscess) ~ 馬の腹腔内に感染した液体や膿が溜まっている状態

腹部膿瘍とは、馬の腹腔内に感染した液体や膿が溜まっている状態で、生命を脅かす可能性のある状態です。膿瘍が破裂すると、致命的な敗血症性腹膜炎を引き起こす可...

記事を読む

蹄膿瘍(Sole Abscess) ~ 蹄の知覚部に膿瘍を形成して急性の跛行を生じる疾患

蹄膿瘍は、蹄の知覚部に膿瘍を形成して急性の跛行を生じる疾患です。蹄底の下に膿が溜まった状態で、骨折した馬の重症度に似た、体重をかけない跛行が突然発症する...

記事を読む

蹄壁膿瘍(Hoof Wall Abscess) ~ 馬の重度の跛行の最も一般的な原因

蹄壁膿瘍は馬の重度の跛行の最も一般的な原因の一つであり、一晩または短期間で発生することがあります。蹄壁膿瘍は蹄の感染症であり、細菌が蹄壁の内部に侵入し、...

記事を読む

フォックステイル(Foxtails) ~ 食べると牛の口腔に損傷を与えることがあります

フォックステイルグラス(エノコログサ)は、鋭い棘を持つ植物の集まりで、食べると牛の口に損傷を与えることがあります。 最も頻繁に観察される種は次...

記事を読む

乾酪性リンパ節炎(Caseous lymphadenitis) ~ リンパ節に膿瘍ができることがあります

乾酪性リンパ節炎 (CL) は世界中のラクダとウマのリンパ系に影響する慢性の伝染性疾患です。 Corynebacterium pseudotu...

記事を読む

スポンサーリンク
336×280