腫瘍一覧

脊髄の腫瘍 ~ 脊髄を侵す奇形 ~ 脊髄のその他の疾患について

脊髄の腫瘍(neoplasms of the spinal cord) 小動物ではかなり高率に腫瘍の発生があり、横断性脊髄障害の進行型のような...

脳の腫瘍(症状・治療法)

脳の腫瘍(neoplasms of the brain) 家畜における脳の腫瘍は、一般に壮齢または老齢のものに発見されます。 原発性...

雌の生殖器の腫瘍(Neoplasms of the Female Genital System)

雌の生殖器の腫瘍 牛では子宮の腫瘍は稀れで、なかんずく平滑筋腫、線維筋腫、線維腫などが比較的みられ、リンパ肉腫、腺癌の発生も知られる。 ...

包皮および陰茎の腫瘍・交尾不能

包皮および陰茎の腫瘍(neoplasms of the prepuce and penis) 犬、馬、牛では包皮および陰茎に乳頭腫、線維腫、黒...

腎および尿管の疾患(Diseases of the Kidney and Ureter) ~ 腎の先天性異常、奇形・腎外傷・腎の腫瘍

腎の先天性異常、奇形(congenital abnormalities and malformation of the kidney) 先天的...

口腔の疾患 ~ 口腔の検査法・口内炎・口腔内の異物、腫瘍

口腔の検査法(examination of the mouth) 口腔は唇と頬によって囲まれ、歯牙、舌を含む口蓋から咽頭に至る部分で、消化器系...

鼻および副鼻腔の疾患 ~ 鼻腔内の異物および腫瘍・副鼻腔炎

鼻腔内の異物および腫瘍(foreign bodies and tumors on the nasal cavity) 原因:副鼻腔の損傷、蓄膿...

眼窩の疾患 ~ 眼窩の外傷・眼窩内の異物・眼窩の腫瘍

眼窩の外傷(traumatic injuries of the orbit) 原因:衝突、打撲、転倒、蹴傷、咬傷、褥瘡などによっておこることが...

腫瘍と免疫(Neoplasms and Immunity)

腫瘍と免疫 今日、腫瘍の治療・予防を行う上において、宿主抵抗を増強あるいは回復させることは、医学上重要な意義があるとされ、とくに癌については、...

腫瘍(Neoplasms or Tumors) ~ 手術療法・化学療法・放射線療法

腫瘍の診断が確定した場合、それが良性腫瘍であるか悪性腫瘍であるかによって治療方法がおのずから異なってくる。良性腫瘍においては、一般に生命にかかわることが...

腫瘍(Neoplasms or Tumors) ~ 診断法

診断法 腫瘍を正確に診断することは、治療方針の決定および予後の判定上、きわめて重要です。ほかの腫瘤と誤診し、あるいは姑息的な治療を行ったために...

腫瘍(Neoplasms or Tumors) ~ 腫瘍の生体への影響

局所的影響 腫瘍それ自体には疼痛はないが、腫瘍の発育に伴う機械的影響によって疼痛を生ずることがあります。体表において大きな腫瘤を形成するときは...

腫瘍の形態(morphology of neoplasms) ~ 腫瘍の性状

腫瘍の形態 腫瘍の大きさ、色、硬度、ならびに形状はさまざまです。 大きさ 肉眼的にほとんど認められないものから、鶏卵大、拳...

サルコイド(Sarcoids) ~ 馬においては最も発症率の高い皮膚腫瘍

サルコイドは、世界中の馬が罹患する一般的な線維肉腫様皮膚腫瘍であり、その罹患率は1~2%です。 ほとんどは良性で、問題はありませんが、大きくな...

細網内皮症ウイルス(Reticuloendotheliosis virus) ~ 細網内皮症

細網内皮症ウイルス (REV) は、世界中のニワトリに一般的に影響する三種類の腫瘍原因ウイルス(腫瘍原性レトロウイルス)の一つです。 感染鶏に...

マレック病ウイルス(Marek’s disease virus) ~ 鶏に腫瘍(悪性リンパ腫)を引き起こす疾病

マレック病ウイルス (MDV) は、ヘルペスウイルス科アルファヘルペスウイルス亜科マルディウイルス属に属するDNAウイルスで、世界中の家禽ニワトリにマレ...

アシュワガンダ ~ 卵巣癌の発生率および進行が低下することが示されている

アシュワガンダ(Withania somnifera (WS))は、黄色い花をつける小さな低木で、インドや北アフリカに自生しています。 植物の...

シメチジン(Cimetidine) ~ メラノーマ (黒色腫) のある馬、犬、およびヒトの腫瘍を縮小するのに有益であることが示されています

シメチジンは、ヒトの酸消化性疾患の治療に広く使用されていることで知られるヒスタミン2型受容体拮抗薬(H2ブロッカー)です。 また、メラノーマ...

扁平上皮癌 ~ 鶏の皮膚腫瘍の中で最もよくみられる種類のひとつ

扁平上皮がん (SCC) は、扁平上皮細胞から発生するがんの一種であり、鶏の皮膚腫瘍の中で最もよくみられる種類のひとつです。扁平上皮細胞は、表皮 (皮膚...

腫瘍 ~ 鶏は腫瘍のリスクが高い

鶏は腫瘍のリスクが高い。腫瘍とは、あらゆる組織や臓器に発生しえ、制御不能で進行性の異常な細胞増殖と定義されています。ニワトリで同定される腫瘍の最も高頻度...

リンパ性白血病(LL)(届け出伝染病) ~ 腫瘍性のウイルス感染

病名 リンパ性白血病(LL) 病因 トリ白血病ウイルス 主な宿主 鶏 発症日齢 4ヶ月齢以降(5~7ヶ月齢に多い) 病気...

スポンサーリンク
336×280