毒性一覧

非ステロイド性抗炎症薬の毒性(NSAID Toxicity) ~ すべてのNSAIDは馬に毒性を示す可能性があります

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は、抗炎症、解熱、鎮痛作用を持つ多様な薬剤群であり、馬の様々な症状に対する支持療法の一環として使用されることが多い...

記事を読む

ヒ素の毒性(Arsenic toxicity)

ヒ素は、周期表のV族に属する非金属または半金属で、環境中に少量存在することが多い。 ヒ素はかつて、クロム銅ヒ素系木材保存剤、殺菌剤、農薬、除草...

記事を読む

ビタミンK1(Vitamin K1) ~ 殺鼠剤の毒性が疑われる場合、鳥類に投与すると有益な場合がある

ビタミンK1は、フィロキノン、フィトナジオンとしても知られており、ビタミンKの中でも最も重要な化合物の一つであり、血液の凝固を助け、過剰な出血を防ぐ重要...

記事を読む

テルブタリン(Terbutaline) ~ 急性呼吸窮迫を起こしている鳥の症状を緩和するために投与されます

テルブタリンは、急性呼吸窮迫を起こしている鳥の症状を緩和するために投与されます。 ベータ2刺激薬という種類の薬で、気道を弛緩させて開き、鳥の呼...

記事を読む

殺鼠剤の毒性 ~ 摂取した殺鼠剤の種類に応じた治療が必要

市販の殺鼠剤にはいくつかの種類があり、最も一般的に使用されるのは抗凝固剤、ブロメタリン、コレカルシフェロールです。殺鼠剤の種類によって効果は異なり、摂取...

記事を読む

スポンサーリンク
336×280