有毒植物一覧

本邦に稀な有毒植物

(1)ドクニンジン Conium maculatum(Poison Hemlock) (2)ドクムギ Lolium t...

配糖体に属する有毒植物 ~ クロウメモドキ・ノイバラ

クロウメモドキ 鼠李 Rhamnus japonica クロウメモドキ科 ノイバラ 営実 Rosa multiflora イバラ科 ...

配糖体に属する有毒植物 ~ イヌホオズキ

イヌホオズキ Solanum nigrum(Black nightshade)ナス科 ヒヨドリジョウゴ(ホロシ)S.(Bittersweet)...

配糖体に属する有毒植物 ~ アセビ・ネジキ・レンゲツツジ・ホツツジ

アセビ(アセボ、ヨセビ、アセミ)馬酔木 Pieris japonicum シャクナゲ科 ネジキ(カシオシミ)捻木 Xolisma ellipt...

配糖体に属する有毒植物 ~ ジギタリス・キョウチクトウ・スズラン・オモト・フクジュソウ

(1)ジギタリスDigitarispurpurea(Foxgloves)ゴマノハグサ科、キバナジギタリス(D.lutea)、ケジギタリス(D.lanat...

ドクゼリの毒性(Water hemlock toxicity) ~ 成馬であれば体重の0.5%を摂取するだけで死に至ります

ドクゼリ(Cicuta virosa)は、知られている中で最も激しい毒性を持つ毒草の一つです。 成馬であれば体重の0.5%を摂取するだけで死に...

キョウチクトウの毒性(Oleander toxicity) ~ 世界中の動物中毒の主な原因となっています

キョウチクトウ(夾竹桃:Nerium oleander)は、キョウチクトウ科キョウチクトウ属の常緑低木もしくは常緑小高木で、世界中の動物中毒の主な原因と...

強心配糖体の毒性(Cardiac Glycoside Toxicity) ~ 強心配糖体含有植物の摂取によって引き起こされます

強心配糖体の毒性は強心配糖体含有植物の摂取によって引き起こされます。 これらには、 キョウチクトウ科(Apocynaceae)、 ガガイモ科(...

光線過敏症(Photosensitivity) ~ 重度の皮膚炎を引き起こす免疫系反応

光線過敏症は、極度の過敏症、または重度の皮膚炎を引き起こす免疫系の反応で、日焼けに似ているように見えるかもしれません。 そして同様に日光への暴...

馬の口蓋裂(Cleft Palate) ~ 軟口蓋もしくは硬口蓋の正中部欠損を呈する疾患

口蓋裂(こうがいれつ)は、馬の0.1%から0.2%が罹患する先天性欠損症の一種です。 口蓋裂は、軟口蓋、時には硬口蓋の奇形で、左右の口蓋が結合...

スポンサーリンク
336×280