中毒一覧

ベニカエデ中毒(Red Maple Toxicosis) ~ 枯れた葉や部分的に乾燥した葉を摂取すると中毒を起こします

ベニカエデ(アケル・ルブルム:Acer rubrum)の枯れた葉や部分的に乾燥した葉を摂取すると、赤血球に深刻な酸化的ダメージを与え、メトヘモグロビン血...

記事を読む

ドングリの毒性(Acorn Toxicity) ~ ドングリ、若芽、小枝、葉は、十分な量を摂取すると馬に毒性があります

オークの木(コナラ属:ケルクス属:Quercus spp)のドングリ、若芽、小枝、葉は、十分な量を摂取すると馬に毒性があります。 オークの木の...

記事を読む

ヒ素の毒性(Arsenic toxicity)

ヒ素は、周期表のV族に属する非金属または半金属で、環境中に少量存在することが多い。 ヒ素はかつて、クロム銅ヒ素系木材保存剤、殺菌剤、農薬、除草...

記事を読む

キョウチクトウ中毒(Oleander poisoning) ~ 乾燥したキョウチクトウの葉を体重の0.005%程度摂取しただけで致命的

キョウチクトウ(夾竹桃)は、丈夫な観賞用の常緑低木で、世界中の動物中毒の主な原因です。 キョウチクトウは熱帯および亜熱帯地域に見られ、濃い灰緑...

記事を読む

麦角中毒症(Ergotism) ~ 全ての動物およびヒトに対して毒性を示します

麦角中毒症は、クラビセプス属:Claviceps属(クラビセプス・アフリカナ:C.africana、クラビセプス・ソルギ:C.sorghi、クラビセプス...

記事を読む

硝酸塩中毒(Nitrate Poisoning) ~ 高濃度の硝酸塩を含む牧草、干し草、飼料、飲料水を摂取することで牛に発生

硝酸塩中毒は、高濃度の硝酸塩を含む牧草、干し草、飼料、飲料水を摂取することで牛に発生する可能性があります。 植物が硝酸塩を蓄積する要因は、主に...

記事を読む

ベンケイソウ科・チレコドン属 ~ 植物のすべての部分はブファジエノリド群の有毒な強心配糖体を含んでいます

チレコドン属:(Tylecodon spp)は、ベンケイソウ科の多肉植物45種の属です。 南アフリカやナミビア原産ですが、家庭用や園芸用として...

記事を読む

ピロリジジンアルカロイド毒性(Pyrrolizidine Alkaloid Toxicity) ~ 牛の慢性肝疾患の一般的な原因となっています

ピロリジジンアルカロイド(PA)中毒は、牛の慢性肝疾患の一般的な原因となっています。 これは、PAを含む植物を繰り返し摂取することで起こります...

記事を読む

ドクニンジンの毒性(Poison hemlock toxicity) ~ 植物のすべての部分に毒性があります

ドクニンジン(コニウム・マクラツム:Conium maculatum)は、ヨーロッパや西アジアが原産の一年草または二年草です。 アメリカやオセ...

記事を読む

藍藻の毒性(Blue-green algae toxicity) ~ 牛は汚染された水を飲むことによって中毒になります

藍藻は、シアノバクテリアとも呼ばれ、バクテリアと植物の両方に似た微生物です。 シアノバクテリアは、牛にとって非常に有害な二次代謝産物であるシア...

記事を読む

シアン化物中毒(Cyanide poisoning) ~ シアン化物は体内の細胞による酸素の使用を阻害し窒息を引き起こす

シアン化物(「prussic acid (青酸) 」 、 「hydrocyanic acid (シアン化水素酸) 」 とも呼ばれる)は非常に強力で、急速...

記事を読む

銅中毒(Copper Poisoning) ~ 牛に対して肝毒性および腎毒性を示し牛群の死亡率を高める可能性があります

銅の過剰摂取は、牛に対して肝毒性および腎毒性を示し、牛群の死亡率を高める可能性があります。銅中毒は急性型と慢性型があり、臨床徴候が異なります。 ...

記事を読む

マイコトキシン症(Mycotoxicosis) ~ 人または家畜の健康をそこなう有毒物質であるカビ毒をマイコトキシンと呼びます

マイコトキシン症とは、マイコトキシンの経口摂取、皮膚接触または吸入に起因する症候群を指します。 マイコトキシンはいくつかの属、特に(アスペルギ...

記事を読む

シマスズメノヒエふらふら病(Paspalum Staggers) ~ シマスズメノヒエの摂取から生じるウシの神経疾患

シマスズメノヒエふらふら病は、クラビセプス・パスパリ(Claviceps paspali)の菌核 (麦角) を含むシマスズメノヒエの摂取から生じるウシの...

記事を読む

フェスク中毒(Fescue Poisoning) ~ エンドファイト(内生菌)に感染した草や干し草を食べることで時間とともに中毒を起こす

オニウシノケグサ(フェスツカ・アルンディナケア:Festuca arundinacea)は、米国南東部に最も多く生息するイネ科に分類される雑草の一種で、...

記事を読む

鉛中毒(Lead Poisoning) ~ 牛の体内に鉛が蓄積して起こる深刻な病気

鉛中毒は、牛の体内に鉛(非常に有毒な金属)が蓄積して起こる深刻な病気です。 ウシでは末梢神経障害を引き起こし、反回喉頭神経の麻痺に起因する筋力...

記事を読む

ボツリヌス症(Botulism) ~ ほとんどの症例は致死的です

ボツリヌス中毒は、世界中の牛にとって非常に重要な神経筋疾患です。 ボツリヌス中毒は、クロストリジウム・ボツリナム(Clostridium bo...

記事を読む

セレン毒性(Selenium Toxicity) ~ セレンは牛にとって不可欠ですが、あまりにも多くのセレンは毒性があります

セレンは牛にとって不可欠ですが、あまりにも多くのセレンは毒性があります。 セレンは、異なる地理的地域にわたって濃度が異なり、土壌中に自然に存在...

記事を読む

ピロリジジンアルカロイド(Pyrrolizidine alkaloid toxicity) ~ ヤギの慢性肝疾患の一般的な原因

ピロリジジンアルカロイド(PA)の毒性は、ヤギの慢性肝疾患の一般的な原因です。これは、PAを含む植物を繰り返し摂取することによって引き起こされます。 ...

記事を読む

トウワタ中毒(Milkweed poisoning) ~ トウワタには有毒な強心配糖体が含まれています

トウワタ(唐綿)は、キョウチクトウ科の多年草で、南アメリカが原産地です。寒さに弱いため、日本では一年草として栽培されます。 トウワタ中毒とは、...

記事を読む

コヨティロ中毒(Coyotillo poisoning) ~ 完熟した果実と種子は特に毒性が強い

ヤギにおけるコヨティロ中毒は、動物や人に毒性のあるコヨティロ(全草有毒、完熟した果実と種子は特に毒性が強い):クロウメモドキ科(カルウィンスキア・フムボ...

記事を読む

ドングリ中毒(Acorn poisoning) ~ ドングリはヤギに毒性があります

オーク(落葉樹であるナラ(楢)の総称:コナラ属)のドングリ、若芽、小枝、葉は、十分な量を摂取するとヤギに毒性があります。 これらには、加水分解...

記事を読む

硝酸塩中毒(Nitrate poisoning) ~ ヤギに急性毒性を引き起こす可能性があります

硝酸塩中毒は、ヤギが硝酸塩を蓄積する植物を食べたり、特定の環境条件によって硝酸塩濃度が上昇することによって引き起こされます。 肥料、肥沃な畑か...

記事を読む

エンテロトキセミア(Enterotoxemia) ~ ウェルシュ菌の産生する腸管毒による中毒

エンテロトキセミアは、ウェルシュ菌(Clostridium perfringens)の産生する腸管毒による中毒です。 腸内毒素血症とも呼ばれ、...

記事を読む

ジメルカプロール(BAL) ~ ヒ素化合物によって引き起こされる中毒の治療に使用されます

ジメルカプロール(BAL)は、ヒ素化合物によって引き起こされる中毒の治療に使用されます。また鉛、水銀、金の中毒に使用されることがあります。 保...

記事を読む

アトロピン(Atropine) ~ 眼の病態、特定の心疾患、中毒、一部の消化器疾患の治療に用いられる

アトロピンは、眼の病態、特定の心疾患、中毒、一部の消化器疾患の治療に用いられる薬物です。アトロピンは抗コリン薬の一種で、この薬は、神経細胞間の電気刺激の...

記事を読む

スズラン中毒 ~ スズランは水鳥に強い毒性があります

スズラン(Convallaria majalis)は水鳥に強い毒性があります。スズランの花、葉、茎はサポニンと強心配糖体、具体的には、コンバラトキシン、...

記事を読む

ドングリ中毒症 ~ 診断と治療が遅れると致命的となる可能性のある深刻な腎臓と肝臓の損傷につながる

ドングリ中毒症は多くの動物種で発生し、オークの小枝、芽、葉およびドングリに含まれる加水分解性タンニンの摂取によって引き起こされます。 オーク(...

記事を読む

亜鉛中毒症 ~ 赤血球や膵臓、砂嚢に損傷を与えます

亜鉛中毒症は、アヒルなどの家禽および野生の水鳥でいくぶん頻繁に起こります。野生のアヒルやカモ類では通常、環境への汚染や、湖、小川、川、貯水池などの自然の...

記事を読む

アヒルの鉛中毒 ~ 特に胃腸の神経系、腎臓系、造血系に影響を与える

鉛中毒は、野生のアヒルと飼育されているアヒルの両方で最も一般的に報告されている毒性状態の1つです。 野生のカモでは、散弾銃から発射された鉛散弾によって引...

記事を読む

スポンサーリンク
336×280