≪牛≫小型ピロプラズマ ~ 本邦では沖縄を除く各地に分布



小型ピロプラズマ(Theileria sergenti)、赤血球内の虫体は、急性期には桿菌状、コンマ状、柳葉状など細胞質の少ないものがおおいのですが、慢性期には卵円形などの細胞質の多い虫体が増える。


赤血球内虫体の形態ではT.mutansと区別できません。またシゾントは認められない。病原性は弱いが、T.mutansより強い。


ロシア東部、日本、朝鮮半島、中国東部および南部、オーストラリアなどにぶんぷします。


本邦では沖縄を除く各地に分布し、沖縄のものは別種と考えられています。


媒介ダニはフタトゲチマダニ(Hae-maphysalis longicornis),H.neumanniです。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280